石狩川付近で見つけたバラ

とはいっても自生しているものはありません。みんな植えられたものばかりです。とりあえず写真でも見てください。石狩川河川敷にはハマナスがよく植えられています。実もたくさんついています。公園やスポーツ用のフィールドと川を仕切る形で植えられていることが多いようです。ここは堤防の外側に植えられていたものです。このように大きな株で4株ほどありました。実も鈴なりです。実の感じから言うとカニナ系かもしれませんね。...

カラフトかオオタカネか

以前からカラフトイバラとオオタカネバラの鑑別に悩んでいる。それぞれにバリエーションが多くて特徴が重なってしまうことがその原因だ。バラ図鑑などに書かれている特徴と必ずしも一致しないのだ。そのバラ図鑑に書かれている典型的な両者の相違部分を書いてみる。カラフトイバラ1.葉柄基部に一対の刺2.小葉は7~9枚3.葉は長楕円で先がとがっているかやや丸い4.実はやや球形5.花柄部分は無毛オオタカネバラ1.葉柄基部の刺ははっき...

バビロンローズ

ロサ・ペルシカの流れをくむバラで花にブロッチが入るのが特徴だ。何年か前にバビロンローズシリーズとしてバベルバビロン、エリドゥバビロン、ストラボバビロンの3種が売り出された。現在はこれにアメジストバビロンというのが出ているようだ。どうもつるバラらしい。私は発売されて間もないころに写真の2種を買った。普通のバラとなんら変わらず育てやいのには驚いてしまった。というのもこの系統のバラの栽培は超難関の品種が多...

トゲ実ハマナスの種からトゲ実ができた

ハマナスの実にはトゲ(棘)を有するものがあります。そのトゲのある実の種からトゲつきの実がなるのか?そんな実験を続けてきました。2007年にサロマ湖砂州に広がるワッカ原生花園でトゲつきの実を発見し、数個の実を採取しました。(このような植物保護区での植物や実や種の採取は本当はやってはいけないのです。すいませんでした。)種は実にトゲがあるものと、ないものに分けて播種しました。発芽したものから最終的にトゲなし...

ローブリッターとニュードーン

ローブリッターとニュードーンがいい感じになってきました。ニュードーンのほうはすでに散り始めています。つるバラ系が咲くとかなり賑やかになります。ローブリッター(S)去年と同じくらいでしょうか。一時は瀕死状態だったこともありました。よく復活したものです。本当はもっとびっしり咲くんですよね。新しい枝も出ているので来年も大丈夫でしょう。ニュードン(Cl)も賑やかになってきました。遅れて出た蕾もあるのできっと...

いま、盛り・・・かな?

バラは今、真っ盛りですがどんどん散り始めてもいます。一方で、まだ咲いていないバラもあります。ドバっとまとめて咲くものもあれば、ぽつりぽつりと長く咲くものもあります。ほんとにいろいろです。今日は曇りで時々霧雨が降っています。モーツァルト似の不明バラが咲き始めました。ニュードーン(Cl)がもうすぐ咲き始めそうです。今年はたくさんのつぼみがあるのできっと賑やかになると思います。ベイシーズ・パープル・ローズ...

まだまだ、バラづくし4

ノイバラたちが2、3日前から咲き始めています。トゲナシノイバラ(Sp)ノイバラがほしくて買ったものですが、トゲのないノイバラでした。ノイバラ(Sp)何年か前、四国の吉野川の川原に自生していたものを譲ってもらいました。でも、そのバラは北海道の冬を越せず、死んでしまいました。その時、残った種をまいて生まれたのがこのノイバラです。淡いピンクの花を咲かせるのが特徴です。ロサ・モスカータ(Sp)ノイバラとほとんど...

バラづくし3

この1週間、いい天気が続いています。気温もほぼ25℃前後とバラの開花には絶好の状況となりました。ずっとバラばかりで飽きてきたかとは思いますが、どうせ夏にはほとんどなくなってしまいますので我慢してください。披露する度に今年はじめて紹介するバラがあると思います。その辺楽しんでもらえたらいいかなと思います。考えてみると、このブログは当初はバラをやるつもりじゃなかったのです。近くの山や近所の空き地などに咲く...

今日はマクロで

今日はマクロで思い切り近づいて撮ってみることにしました。マクロレンズは日常使ってますがドアップ写真は久々です。本来なら三脚を立ててしっかりピントを合わせればよいのですが、今回も手持ちで何度も撮るという安易な方法でやってみました。花も揺れる自分も揺れるで、ピントが思ったところになかなか合いません。ひとつの花、平均5~6枚くらい撮っているかもしれません。ゴールデン・ウィングス(HSpn)グラハムトーマス(...

バラづくし2

次々に咲く今の時期が楽しいです。葉も花もまだ生き生きしていますからね。今日も順不同で載せていきます。リンダキャンベル(HRg)深紅の小さめの花をたくさん咲かせます。四季咲き性が強いです。トゲがあまりないのが特徴です。今年はトラディスカント(ER)が元気です。ここ数年はシュートが出ずに縮小傾向にありましたが、昨年息を吹き返し、今年は元気になりました。黒点病に弱いのが難点。ゲルベ・ダスマー・ハストラップ(H...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。