EOS M3 もう少し

ちなみにEOS M3の画素数は2420で5DMkⅡ(2110)より大きいです。試しにRAWで撮ってDPP(DigitalPhotoProsessional)で現像していますが、実感として5DMkⅡより現像時間が長いと感じられます。何より画像データが大きくなる。RAWで35Mくらい、JPEGで13MくらいあるのでHDDをさらに圧迫しそうです。5DMkⅡのようにRAWで撮ってサイズ調整するか、最初からJPEGの中間サイズくらいで撮るか考えてます。家の中のものをいくつか撮ってみました...

花を撮ってみた

昨日の予告通りホームセンターで花を撮ってきました。店員に注意されないか心配しながら撮影してました。目立たないようにカメラをもって、ささっとピントを合わせ即座に撮影と言う方式で17枚撮りました。そこで思ったことですが、さすがキャノン、NEXに比べてAFのスピードが速いです。シャッターの半押し、ピピッ、カシャまで1秒かからない感じです。さて、肝心の色ですがどうでしょうか。下の写真は明るさを整えただけで、それ以...

EOS M3

買ってしまいました。SONY NEX-3に代わるものとして使うつもりです。NEX-3は手軽に持ち運びできるカメラとして5年前に買ったのですが、当時はまだキャノンのミラーレスカメラが発売されていなかったので、オリンパスやパナソニックなどいくつかの機種の中からNEXにしたわけです。NEX-3はキャノンのEOS 5DMkⅡとは色の感じがかなり違っていました。それでもそう不満に思ってはいなかったのですが、昨年から散歩で本格的に使うよう...

-18.1℃の川

きのう寝る前に玄関の温度計を見たら-18℃だった。こりゃー明日は何度になるかと思っていたら。朝も-18℃だった。明け方曇ったのでそれ以上気温が下がらなかったのだ。でもこの時期に-18℃はちょっと珍しいかもしれない。久々にカメラを持って石狩川に出かけた。曇っていて朝日を撮ることはできなかったが、川から霧が上がっていた。水の温度より外気が極端に低くなるとき起きる現象だ。その霧が周囲の木々について白く枝を飾って...

恐ろしい夕焼け

仕事が終わって家に帰るときはただの曇り空だった。家に帰ってしばらくすると庭のほうが真っ赤に見える。なんだろうと庭を見てみると夕焼けが映っていたのだ。西の空を見ると空が燃えるように真っ赤だった。カメラを持って外に飛び出したが、いい場所が見つからない。20分ほどでこの夕焼けは黒く沈んでいった。空が燃えているという表現がぴったりの光景だ。EOS 5D Mark IIEF24-105mm F4L IS USM...

HDR

二つ前の記事「どんよりと美瑛」で「曇り空の白さと、地上の暗さのギャップに苦しめられた。」と書いた。実は私のカメラには黒つぶれや白とびを防ぐ機能がついている。だから、最初の写真はフラットで寝ぼけた写真になる。フラットになるにしてもどこに露出をあわせておくかが後々大事になってくる。ここからコントラストを上げて調整するわけだが、必ずどこかが犠牲になっていくことが多い。そこでデジタルならではの解決方法があ...

水滴の芸術

先日の日曜当たりから雨模様。昨日からは気温が20℃に届かず肌寒い。昨夜からかなりまとまった雨が降った。バラも花たちもみな重たそうにこうべをたれる。こんな朝は水滴が美しい。水って不思議な物質だなといつも思う。生命を生み出し、地球の美を演出している水。そう思うとこの小さな玉の光が不思議な光を放つ。ヒューケラの白い花R.グラウカゲラニウム・ジョンソンズブルーセント・セシリア(ER)の葉っぱシラー・カンパニュラ...

男の写真

安易に男、女と分けたくはないが、写真に関しては男の撮る写真女の撮る写真があるような気がする。列車、スポーツカー、飛行機、船などの乗り物、ダイヤモンド富士などに代表される季節によって生じる希少な情景などは典型的に男が選ぶ撮影対象だろうと思う。星空や早朝の霧の風景や朝日など、困難な時間帯での撮影も男性特有だ。自分自身の内面を写真に反映させるようなものより、珍しいめったにない光景を追い求める。ポートレー...

フィッシュアイ コンバーター

NEX-3にE16mm F2.8のパンケーキレンズを買ったがほとんど出番がない。通常使っているE18-55mm F3.5-5.6 OSSから比べて16mm程度だとあまりインパクトがないのだ。そこで考えたのがE16mmに装着して使うフィッシュアイコンバーターだ。評判を調べてみたところなかなかの高評価。そこで思い切って買ってみた。お遊びに12000円は高いのか安いのか。16mmこれでもかなりワイドに写っているのだけれど、普通の感じだ。16mm+フィッシュア...

EF70-200mm F4L IS USM

また、買ってしまいました。今年1月のEF100-400mm F4.5-5.6L IS USM に続く2本目の白レンズだ。友人からEF70-200mm F4L USMを借りてしばらく撮り続けてきた。五稜郭タワーからの夕焼けもそうだ。使ってすぐに気に入ってしまった。軽くて使い勝手がよくて、そして何より解像度が高いレンズだと思った。EF70-300mm F4-5.6 IS USMを持ち、今年EF100-400mm F4.5-5.6L IS USMを買ってのことだから少し躊躇はあった。でもその魅力にどん...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。