今日は合唱祭

今日は旭川合唱祭があります。50団体ほどが出演すると思われます。我が団はいつもの練習会場で10:30から練習で、その後会場に移動して本番は12:30頃の予定です。曲は、秋に行うGLEE FESTAで演奏予定の「愛する歌」(やなせたかし:詩 木下牧子:作曲)という曲集から3曲歌います。例年に比べると拍子抜けするほど易しい歌で、すぐに出来ちゃうんじゃないかと思ってましたが、易しい歌ほど表現が単調にならないようにすること...

月光とピエロ、その出来栄えは?

去年11月26日に行われたGLEE FESTAのCDが出来上がってきた。我々の単独演奏は前にもここで書いたが「月光とピエロ」演奏後の評判はなかなか良かった。評判は良かったけれどCDを聴いてみてがっかりということは今まで何度もある。だから聴くまでは変に期待を持たないことにしている。家に帰って聴いてみて真っ先に「おお~!」と思った。第一声の感じがぴったりとはまっていたからだ。どこかで大崩れするのではと聴きすすんだが大き...

コンサートを終えて

合唱のコンサートが終わってもう3日目になってしまった。出来のほうはまあまあかな。合同合唱(シューベルト)は当初思ったよりずっと良かったのではないかと思う。練習のときはどうなるかとはらはらさせたが、何とかまとまったようだ。観客の反応も悪くなかった。やはり、アルトソロとホルンがかなりのインパクトになったようだ。わが単独演奏の「月光とピエロ」は、聴いた人の感想からまあなんとか音楽になったのではないかと思...

月光とピエロ

いよいよ明日がコンサート本番だ。旭川、札幌、小樽の男声合唱団がそれぞれの合唱を披露する。その後、合同合唱をする。合同合唱がシューベルトの男声合唱曲集からであることは前に書いた。我々、大雪山麓男声合唱団の単独演奏の曲は「月光とピエロ」である。日本の男声合唱としては古典的な曲だ。今回、私がプログラムの解説を書いた。2000文字と1400文字の2バージョンを書いたが2000文字のほうが採用された。以下にご披露して今...

79歳にして

私の兄がやっているスナックで行ったミニコンサートに出演してきた。中心になっているのは今年で79歳になるIさん(女性)である。2年前に私の兄とジョイントコンサートをしたのをかわきりに、春秋と年2回のコンサートを行ってきた。2回目以降はIさんと兄のほかに、毎回ゲスト出演者を加えて今回で5回目となる。今回のゲストは出演者はフルート奏者のTさん、そして私である。伴奏は兄のピアノのみ、ときにフルートが加わる。...

月光とピエロ

あした、「ア・カペラ合唱祭」に我が男声合唱団が出演する。ア・カペラというくらいだから無伴奏の曲をやらなくてはならない。我が大雪山麓男声合唱団の曲目は男声合唱組曲「月光とピエロ」から「月夜」と「秋のピエロ」である。「月光とピエロ」は男声合唱をするもので知らないものはいないといっていいほどの名曲である。日本人作曲家による本格的な男声合唱の最初の曲といわれ、いまや男声合唱の古典とかスタンダードと言われる...

さらばダークダックス

ダークダックスのトップテノール、高見澤宏さん(パクさん)が亡くなった。77歳だった。1997年頃から、リードテノールの佐々木 行(マンガさん)が脳梗塞とウツ(鬱)のためグループを離脱しているのでずっと3人で活動してきた。ダークはデュークエイセスややボニージャックスのようにメンバーの入れ替えは行わずに頑張ってきたが、いよいよ、年貢の納め時が来たということか。いつだったかテレビで見た3人のダークは哀れなほど...

白い恋人達

今日、テレビでは桑田佳祐のガン報道が駆け巡った。桑田佳祐はロック系の歌手としては異例の知名度と人気度を誇っている。桑田もそんな年齢になったのだなあと改めて思う。聞けばもともと経過観察していたところに見つかった超早期のものらしい。早い復帰を願う。なぜこんな話から始まったかというと、昨日の続きになるが福山雅治の他にも数曲のポップス曲を練習している。その中の1曲に桑田佳祐の「白い恋人達」がある。この曲も...

Squall

わが男声合唱団で福山雅治の曲を2曲やることになった。「巻き戻した夏」と「Squall」だ。福山が大河ドラマに出ているので、その人気にあやかろうというわけではない。以前から編曲を依頼してあったのだ(本当なんだから)。うちの男声合唱団の選曲はすべて若手(といっても30~40代だが)に任せている。そしてどんな曲が選曲されても年寄りは文句言わずにやるのがわが団のモットーだ。最初は若かった合唱団年も年数を経ると若者た...

今年もGLEE FESTA

今日は男声合唱の話。明日、小樽にてGLEE FESTA 14 in OTARUが開催されます。ホクレンングリーンコール(札幌)、小樽市役所グリークラブ(小樽)、大雪山麓男声合唱団(旭川)の三団体によるジョイントコンサートが2年に1回、持ち回りで開催されます。前回は札幌でした。今回のわが団の発表曲は[The Student Prince](学生王子)からGaudeamusGolden DaysDrinking SongSerenadeCome,BoysDeep in my Heart,Dear原作はマイヤー...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。