今年の寒さ

今年は立て続けに寒波がやってくる。岩見沢では積雪が168cmで観測史上最高になった。旭川の積雪は53cmでほぼ例年通りといったところだ。岩見沢は旭川の3倍以上だ。しかし、寒さはそれなりに厳しい日が続いている。特に寒いかと言えばそうでもないが、典型的なシバレの日がないのがちょっと気になる。無風快晴のシバレの日はまだないと思う。12月22日に-20℃が記録したがその日も空は比較的曇っていた。この気温で曇りはちょっと珍...

驚異の隣人

ヒグマは日本国内では最大最強の動物だそうだ。ヒグマの仲間は北米を中心に広く分布しているそうだが、エゾヒグマは北海道のみにいる固有種だ。つい先日まで札幌の市街地にヒグマが現れたことがニュースになっていた。あまりにのんきに町をうろるくものだから住民もびっくりだ。もともと、ヒグマは警戒心が強く人には近づかないといわれていた。ところが、最近は新世代の熊が多くなってきたそうで、音を立てても逃げなかったり平気...

再び福島のこと

ここは基本的には植物ブログだが、シーズンオフには脱線することも多い。今まさにバラが始まろうとするシーズンになったが、どうしても気になることがあって、今日はあえて脱線させていただく。今年3月11日に震災が起きた。そして福島第一原発において事故が発生したことは誰もが知るところだ。私に若干の放射線の知識があることからいくつかのコメントを書いた。そこで、チェルノブイリのようになることは絶対無いと書いた。そ...

ナターシャ・グジー

今日は函館さくらの旅を報告する予定だったがもう1日だけお待ちいただきたい。前回「いつも何度でも」の歌詞の意味を知って、木村弓さんの歌を再度聴こうとyoutubeを開いた。ところが出てきたのはこのウクライナから来た美女の歌だった。この人は最近テレビで見たことがある。チェルノブイリで被爆し、現在日本で音楽活動をしていることはそのときのテレビで知った。その人が「いつも何度でも」を歌っていた。そして、歌を聴いて驚...

いつも何度でも

ネットで先日終わった世界フィギュアのニュースを見ていた。その中にロシアのA・スミルノフ、川口悠子ペアがエキジビションで「千と千尋の神隠し」で可憐に舞った事が出ていた。川口さんは選曲の理由を「日本で辛い思いをしている方に、この曲はどうかなと選びました。少しでも前を向いてもらいたいと思います」と話した。「千と千尋の神隠し」は私も見たし歌も聴いたことがある。でもそんな内容の歌詞だったのだろうか?考えてみ...

節電の夏

東京を含む関東ではこの夏をどう過ごすかが焦点となっている。今日のワールドビジネスサテライトを見ていたら、汗を乾燥させやすい素材のアンダーウエアーや通気性の高いスーツなどを紹介していた。私は若いときに都合5年間東京生活を経験した。当時はクーラーを持っている学生なんてほとんどいなかった。北海道から初めて出てきた身としては経験したことのない暑さだった。これまたクーラーのない学校で授業中頭がボーっとするの...

レベル7

昨日、福島原発事故のレベルを今までの5から一足飛びに7とすることが発表された。かなり唖然とする内容だ。韓国の中央日報はチェルノブイリ級の事故を今まで隠していたと報じている。ロシアの専門家はレベル7は過大評価だと疑問の声を上げた。フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)のグルメロン放射線防護局長は「現時点で福島事故は極めて重大だが、チェルノブイリ級ではなく、将来そうなることもない」と指摘した。...

今になって余震

今になって強い余震が何度も起きている。弱った心に駄目を押すような地震だ。復活しかけたライフラインが再び壊れ、傷んだ家をさらに傷め、一度助かった命が奪われた。天変地異とはいえここまで人々を痛めつける事はないだろうと言ってみたくなる。地球にしてみればちょっと居心地の悪さを解消しただけなのだろう。安らかの日々は何時訪れるのか。気象庁のサイトでここ一週間の地震の回数を数えてみた。(東北関東のみ)右の数字は...

風評被害

食品の関わる問題が起きると必ず起きるのが風評被害だ。現在、放射性物質という原因でそれが起きている。放射能の量と安全の基準について説明しようかとも思ったが、考えてみるとそんなことを説明してもあまり意味がないようにも思える。なぜかというとそんなことはすでに散々テレビでも説明されている。実際の原因のほとんどを作っているのは市場などの仲買の段階で起きていることなのだ。売れないことを見越して、汚染地域という...

最強の余震

昨夜、11時半頃今までで最強と思われる余震が宮城県を中心にした地域を襲った。復活しはじめていたライフラインがまたも途切れた。神がいるとするなら、なぜこのような試練を東北一帯に与えているのかと問うて見たくなる。ミントさんは再び大丈夫だろうか。栗原市はまたも最高震度の6強ということだ。余震も少なくなりかけていただけに被災者に与える精神的な打撃は計り知れないものがある。ここ数日、岩手、宮城、福島の日本酒を...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。