記憶の形

年齢とともに記憶力が悪くなってくる。一番困るというか情けなくなるのは、つい先ほどのことが思い出せなかったりすることだ。反対に記憶に焼きついている昔のことはよく覚えている。年寄りが昔のことを何度も繰り返し話す気持ちが良くわかる。しゃべることによってまたしっかり焼き付けられるのだ。私は昔から記憶というものを形態的にイメージしている。若いときは、記憶とはお椀のような形だった。記憶にも容量があって入れすぎ...

ヒューケラ 'ライムリッキー'

ティアレラをやったので、ヒューケラもお気に入りをひとつ紹介する。ヒューケラはティアレラに比べればはるかに種類も多い。葉色はどちらかといえば赤茶けた色合いのものが多い。その中でライムグリーンの明るい色合いのものがあった。ヒューケラ 'ライムリッキー'時に黄色になることもある。この明るい色合いはうちの庭ではラミウム ゴールド・ラッシュと並んで異色の存在だ。花はほとんど白でそれほど目立たない。やはり葉色が...

ティアレラ ‘シュガー・アンド・スパイス’

外は再び大雪の様相。11月中にこんなに雪が降ったのはちょっと記憶に無い。でも、雪ばかりをネタにしても新鮮味がなくなってきた。そこで久々に植物に登場してもらうことにした。今年の写真からブログにまだ登場していないものを探してみた。ティアレラ ‘シュガー・アンド・スパイス’ヒューケラは何種か持っているが、ティアレラという植物を知ってからいつも気になっていた。今年偶然見つけたので購入したものだ。ティアレラはユ...

GLEE FESTA XIII in SAPPORO

タイトルが札幌で行われたジョイントコンサートの名称だ。もう13回目になる。家を出る前に何度か持ち物を確認したのだが、バスの中で相方がネクタイは?とか靴はある?とか聞き始めた。おいおい、いまさら持ち物チェックしても遅いだろ。私には数々の前科があるので心配になったか。現地について気づいたことだがベルトを忘れていた。まあ、この程度は大事には至らない。メンバーの中にも忘れ物をするのが必ずいたりする。楽屋でも...

自分の声

明日、札幌でコンサート。風邪を引かないようにずっと気をつけてきた。財布の中にいつも風邪薬を忍ばせてのどや鼻の粘膜に異常を感じたらすぐ飲むことにしている。私が10年以上風邪らしい風邪を引いていないのはこんなこともある。でも、年のせいか良い調子で声が出ることが少なくなってきた。不思議なもので高い声も低い声も今のほうが出るのに、調子がいいなと思うことは10%もないかもしれない。若いときはその反対だった。おそ...

大雪

前回、20日に雪が足りないなどと書いたものだから大雪が降った。今朝の段階で積雪45cm。この時期としては異例の多さだ。おかげで鉢植えの防寒に雪を詰めるには量としては十分すぎるほどで、ところで、庭のバラも、ブルーベリーも今年買ったハスカップもかなり雪に埋まってしまった。今の状態では掘り出さねば縛ることすらできない。この雪が一段落して少し積雪が下がったらやろうかと思っている。ここまで雪に降られたのは初めてだ...

朝6時起床

意を決して早朝の作業に打って出た。低気圧の接近で暖かくなるとの予報だったからだ。予報どおり雪は凍結していない。雪に埋もれた鉢をベランダの際に並べる。例年だとフェンスを立てかけて新聞紙を詰め込むのだが、今年は間に合いそうにない。そこで、雪を詰め込むことにした。だが、少々雪が足りない。明日は大雪になるらしいのでその状態で明日まで待つことにした。庭のほうは全く手付かずのまま。少なくともつるバラは何とかし...

ついに来てしまった

夕べから雪が降り始め、今朝は10cmの積雪。その後も1日中断続的に降り続いた。今日は最高気温が-4℃の真冬日だったので降った雪はすべて積雪になった。今後の予報からすると、明日いったん緩んだ後また大雪だそうだ。まいったな~、鉢の一部を家際に並べただけで、まだ囲いを完了していない。このまま降り続いて屋根雪が大量に落ちると鉢の囲いができなくなる。近年は11月中の大雪は無かったので油断していた。どうやらこのまま根雪...

新しいカメラ

ついにカメラを買ってしまった。以前からCanon PowerShot S5ISとPanasonic DMC-FZ18に目をつけていた。S5ISは以前5万円くらいの値札がついていたが、先日見ると38000円になっていて、思わず手が出てしまった。30Dがあるのになぜ中途半端なカメラを買うのかというと30Dは、さあ撮りに出かけるぞというときはいいのだけれど普段持ち歩くには大きすぎるし、重すぎる。いつでもどこでもというならコンパクトカメラだがその中でも画質...

年賀状

今年も年賀状を買った。近年はその数を減らすように勤めてきた。義理や形だけの付き合いで出すのをやめたかったからだ。それでも100枚あたりからなかなか減らない。年賀状をやめてしまおうかと考えたこともあった。しかし、あて先を書きながら、この人は今どうしているのだろうと思う人が何人かいる。もう年賀状だけで、もう20年、30年にもなる人もいるのだ。年賀状をやめてしまうとこの人たちとは完全に切れてしまうことになる。...

転倒の季節

ついに本格的な雪が降りだした。強い寒波で一週間は降り続くらしい。まさかこのまま根雪になることはないと思うが、ちょっと心配だ。昼から気温は氷点下に下がった。氷点下になると雪は地面で融けずに積もることになる。帰る頃になると地面はつるつるに凍っていた。転倒の危険を感じながら自転車をこいで帰ってきた。また、転倒の冬が始まるな~と、過去の転倒経験が頭をよぎる。転倒で怪我をしたことはないが、記憶に残る転倒が三...

迷惑メール

迷惑メールに悩まされている人は多いと思う。私もそのひとりだ。現在はスパムメールと呼ぶことが多い。公の場にメールアドレスを公開すると入るようになる。私の場合、HPを開設して最初の1ヶ月くらい、HPのメールにメインのアドレスを使ってしまったのがまずかった。掲示板の書き込みなどのときもこのアドレスを書いてしまったことがある。その後、公の場ではメインのアドレスは使わないようにしたが時すでに遅かった。それからど...

冬は鍋

一軒隣の家にラズベリージャムをあげたら、立派な白菜になって帰ってきた。そうだ鍋にしよう!寒くなったら鍋に限る。我が家の鍋は基本的にスープに味はつけず、ポン酢で食べる。具材はそのときによってさまざまだが、決まっているものは白菜、長ネギ、キノコ、豆腐 くらいか。他には白菜がなくて大根になったりシラタキや水菜などが入ったりもする。動物性のものは、魚ならタラか鮭、貝ならカキかホタテ、肉ならトリかブタだ。こ...

地デジ

旭川も今年の10月から地上デジタル放送が始まった。我が家のテレビはブラウン管のデジタルハイビジョンテレビだ。液晶などと比べても画像がきれいで気に入っている。ところがこのテレビには地デジチューナーが内蔵されていない。現在、地デジチューナーを買うかどうか思案中だ。さて、このデジタル放送なるものはわれわれに何をもたらすのだろう。画像がきれいになる、そう結構なことだ。音声が良くなる、これも結構。だが、将来一...

母の誕生日

今日、母が84歳になった。それで市内の日本料理店に食事に誘った。いつもはそんなに食べられないと言う母が今日は私に負けないくらい良く食べた。私がガーデニングを始めたのは母の影響だといっていい。転勤が多かった父について、どこへ行っても野菜や花を良く作った。父の退職後に家を建て菜園と花壇作りに励んでいた。園芸に関しては私の先生だった。野菜一辺倒だった私がバラを作り始めたといったら、「男の癖に」といいつつ嬉...

冬近し

今日はかなり厳しい霜が降りた。朝の気温が-6.3℃。カメラを持って外に出た。軽装だったので寒くなって家に入る。陽が上がるのを待ってまた外に出る。また家に入る。こんなことを3度繰り返した。バケツの氷がげん骨でたたいても割れない。幸いこれで死ぬような植物はあまり無い・・・はず。でも、雪が無い状態で-10℃以下になると耐寒性が強めの宿根草でもやられてしままう。今日は昼すぎになっても10℃に届かなかった。寒い中で、...

リベンジ

先日バラを注文した。ハイブリッド・フルテミアのユーフラテスとハイブリッド・ルゴサのドクター・エケナーもうこれ以上は買わないつもり・・・絶対!(ほんとか?)ユーフラテスは、今年すみごんさんの教えてもらって注文したけれど、届いたその晩に寒さに当てて死なせてしまった。あまりに悔しかったので再度挑戦する。リベンジなるか。どうしてもR.ペルシカの子を育ててみたいのだ。ドクター・エケナーは花びらの中央が黄色で...

寒さに耐える

今朝、霜が降りた。さほど強烈なやつではないけれど、庭は一面に白くなった。霜に朝日があたるとなかなか美しい。しかし、陽が当たると霜はあっという間に融けてしまう。急いで庭に飛び出してみるが、あまりうまく撮れたためしがない。ところで霜で凍ってしまうと、植物は葉が融けたようになるものと見事に元通りになるものがある。葉が融けるだけならまだいいが植物本体が死んでしまうこともある。今年いただいたアキチョウジが咲...

まだガンバル

初雪が降った。何度か霜も降た。バラはすべて切ってしまった。でも、野原でもうちの庭でも、まだがんばって咲く花もある。これはゲラニウム・バクストンズ・ブルー。ゲラニウムは普通、春から夏にかけて咲くが、これは夏の終わりから雪に埋もれるまでがんばっている。夏ころは花色は赤味がかっていること多い。寒くなる頃にブルーの本領が出てくる。ゲラニウムではこういうはっきりした複輪の花はめずらしい。青と赤の間を行き来す...

スタニスラフ・ブーニン

昨日、スタニスラフ・ブーニンのコンサートを聴きに札幌のキタラまで行ってきた。本来ならうちの相方が行くはずだったのだが、急遽東京に行ってしまったので私が代理観賞となった。考えてみるとキタラの大ホールのステージには2度乗ってるが、客席に座るのは初めてだ。少しすると娘がやって隣に座った。クラシックのコンサート鑑賞は娘のほうが経験豊富だ。ブーニン登場。弾き始めると3階席とは思えないほど音はクリアーだ。さす...

冬支度

相方が東京へ出かけた。この連休は独身だ。だからといって何かいいことがあるわけではない。朝は雨だったが9時頃には上がって晴れ間も覗いた。予報は雪だったがそれほどの気温でもなさそうだ。今日初めてバラの剪定に取り掛かった。囲いやすくするための剪定なので深く切ることはない。それでも剪定枝の山ができた。本当に日が短いなぁ午後になるとあっという間に夕方だ。葉っぱをむしりとるところまではいけなかった。四季咲きバ...

もう一台ほしい

現在、私が持っているカメラはCanon AE-1(フィルム一眼レフ)Canon EOS-kiss(フィルム一眼レフ)CASIO EXSLIM EX-Z55(デジタルコンパクト500Mピクセル)Canon EOS 30D(デジタル一眼レフ)以前使っていたEOS-kissDは息子にやってしまった。現在はデジタルカメラしか使っていない。これでもう一台欲しいといったら、欲張りだろうか。気合を入れて撮りに行くときはもちろん30Dで、カメラリュックにレンズも入れるし、三脚も持って...

寺山修司を歌う

10月29日の記事で11月にあるジョイントコンサートのことを書いた。 そのときの我が団の単独ステージやる曲が、 「寺山修司の詩による6つの歌 思い出すために」 信長貴富 作曲である。 この曲を歌うと聞いたとき、青春時代の思い出がさっと頭をよぎった。 私は高校時代から寺山修司に傾倒していた。 むしろかぶれていたといったほうが近いかもしれない。 彼の作品に最初に接したのは詩だった。 彼の詩には独特のダンディ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。