お隣の庭

私の庭は春に弱い。春一番に咲く球根植物や早咲きの植物が少ないからだ。実のところ私はどうも球根の扱いが苦手だ。理由は花後の景観が悪くなること、バラ主体の庭だとどうも格好がつかないこともある。もし私がバラをやっていなければ宿根草の隙間を見つけて、そこらじゅうに球根を埋め込んだかもしれない。ということで、早春はいつも私はご近所の庭を見に行く。写真はお隣の庭、我が家の庭よりずっと広い。一見、雑多に植え込ん...

神楽岡公園の野草

私は小学校の高学年と中学のときは神楽町(現在の旭川市神楽)で過ごした。神楽岡公園は当時の神楽中学から1km弱くらいで、石狩川の支流である忠別川に隣接した自然あふれるところだ。学校の炊事遠足といえば忠別川の河原が定番となっていた。部活のランニングでもよく来たところだ。ところが考えてみると公園自体はどんなだったかはよく知らなかった。王子がこの場所をレポートするようになって実態がわかってきた。一度来なけれ...

神楽岡公園の桜

今朝は冷え込んだ。庭を見るとうっすらと霜が降りていた。朝の気温は-3.1℃。軽装でちょっと庭仕事をしたら寒くて寒くて。昼から神楽岡公園へ桜を見に出かけた。神楽岡公園は旭川市の中では街に最も近い桜スポットだが、私は最近ほとんど来たことがない。もっぱら王子さま写真館の専売特許となってしまった。もっと混んでいるかと思ったが、駐車場は比較的空きがあった。桜は街中がほぼ満開に近かったのに、ここはまだ三分咲きとい...

辛夷と白木蓮

今日、桜を撮りに行ったとき、その近所に見事に白い花を咲かせた木を見つけた。辛夷(コブシ)かな、いや辛夷を庭に植える人は少ないよな。植えるとしたらモクレンだろう。白木蓮(ハクモクレン)かもしれない。しかし、白木蓮と辛夷はどう見分けるのだろう?そこで先週、突硝山で撮った辛夷と見比べてみることにした。下の写真が辛夷(コブシ)のはず。天気が違うのでやや色が違って見えるが、色も形もそっくりだ。この辛夷は咲い...

蝦夷山桜

桜が咲いたとたんに寒くなった。今日に気温は13.4℃。23日の26℃と比べると12度以上低くなった。しかし、本当のところは26℃のほうが高すぎたのだ。実は15~16℃くらいが平年だということなのだ。今朝は寒い中、近所の児童公園に桜を撮りに行った。蝦夷山桜(エゾヤマザクラ)は葉っぱも同時に現れる。うっかりすると花より葉っぱが目立ってしまうこともある。明日は土曜日、神楽岡公園に行ってみることにする。王子さまのテレトリーに...

超特急桜前線

昨日(23日)の気温は26℃。これで6日連続の20℃超えと3日連続の夏日を記録した。おかげで一気に桜が咲いてしまった。6時頃市街まで出かける途中、沿道の桜がすべて咲いていてびっくり。どうやら史上最速の開花であることを今日の新聞が伝えていた。21日に松前のソメイヨシノが開花したとのニュースが流れたばかり。22日は札幌のソメイヨシノの標準木が開花した。そして23日には旭川だ。もちろん旭川はエゾヤマザクラだ。いつもなら...

うた魂

今日は25.7℃、日に日に気温が上がる。昨日は札幌で桜の開花宣言。旭川もどこやらで桜が開花したそうだ。気象庁の開花予想よりかなり早まりそうだ。今日は映画「うた魂」が1000円になる割引券をもらったので行ってきた。北海道の七浜高校という架空の高校合唱部の話だ。夏帆演じる「私は歌がうまくてかわいいと思っている」女子高生は合唱部の中でもかなり浮いている。ある日彼女が心を寄せていた男子生徒にうたっている時の写真を...

春に

今日は25.2℃、夏日になった。このお天気まだまだ続きそうだ。雪が溶け今年も新たな息吹が芽を出した。私はこれからの庭が好きだ。日一日と変わる庭。小さな芽を見つけては、これはなんだったろう?去年植えたニホンオキナグサはどこに植えたっけ?ひとつひとつを確認するところから春が始まる。中には新たな息吹を感じさせないものもある。触るとポロリと株元から離れる植物。思い出すこともなくいつの間にか消えてしまうものもあ...

最後の雪

今日も23℃を超えた。例年、裏庭の軒下は5月の連休頃まで雪がある。一生懸命雪割りをして道路にまき散らしてもそれくらいになってしまう。今年は今日その雪がなくなった。写真は朝の状態。夕方にはそのほとんどが消えた。雪から角を出しているのはキバナカタクリだ。この裏庭は背丈の低い野草が主体だ。その辺にある雑草までいれてある。そしてピーク時は結構にぎやかになる。周囲が汚い家の壁ばかりで写真を撮るのに苦労する。昨日...

夏!?

今日の最高気温は23.7℃だったそうだ。昨日は22.1℃で二日連続の20℃超えだ。春を通り越して夏の気分だった。先週、突硝山の様子を書いた。行ったときはカタクリもエゾエンゴサクもまだ、開花にはわずかに早かった。ここ数日暖かい日が続いたのできっと満開になっているに違いないと思っていたところ。王子からレポートが入った。ということで今日も山へ、えっちらおっちらと出かけてきた。案の定満開だ。ひょっとしたらもう終わりか...

趣味10年

今までいくつもの趣味を持ってきた。やめてしまったものもあるが、現在まで続いているものもある。ただ三日坊主でやめてしまったものは不思議なことにひとつもない。一番古い趣味は詩を書くことで中学から30才頃までやっていた。これは自然に言葉が枯れるように書くのをやめてしまった。一番長く続いているのは合唱で高校から現在も進行中である。長い割りに不真面目で一番勉強していない。真面目にやっていないから限界も行き詰ま...

こりゃなんだ?

なにやら異様な姿のこの植物はなんでしょう?見ての通りこれはクリスマスローズです。なぜこのようなスタイルになってしまったかというと、去年、自家製堆肥が入った袋をうっかりこのクリスマスローズの株の上に置き忘れてしまったのです。雪が溶けて袋の脇からはみ出た一部がこのようにモヤシ状に伸びてしまいました。袋の真下だったところはつぶされてひしゃげています。本来はこのようになるはずでした。ごめんなさい、この大株...

そろそろブログ再開

去年の暮れから我がホームページ(HP)、ブログともおやすみモードになっている。最初はHPの更新のためブログをお休みしますということだった。ところがHPの更新もお休みモードになってしまった。本来なら冬は夏に撮り貯めた写真で忙しい日々が続くはずだったのだが・・・実をいうとすべてサボっておりました。実を言うと、去年までのオーバーワークがたたって少々疲れぎみだったというのが真相だ。他サイトでもそのまま休止...

萌え~!

暖かい日が続いている。今日は17℃という5月下旬の気温だった。先日、家脇に並べた鉢バラの囲いをはずした。ほとんどは無事だったが、囲いが不十分だった場所のいくつかが生死不明だ。庭では早くも球根ものを中心に新芽が湧き出してきた。シャクヤクの赤い新芽やゲラニウム、コリダリス、去年植えつけたニホンオキナグサも無事芽を出した。日本語では、このように春に植物が芽を出すさまを「萌える」と表現してきた。石ばしる垂水の...

今年も突硝山

最近は恒例になった突硝山へ今年初めて行ってみた。今年は例年になく雪融けが早かったので、山はどうなっているかちょっと気になっていた。案の定、山へのゲートはまだ閉まっていた。いつものごとくゲート脇から進入。すでに雪はほとんど消えていて、福寿草の黄色が満開状態。道も湿ってじくじくしたところがなかったので雪は結構早くになくなっていたことがわかる。すでにカタクリやエゾエンゴサクも咲き始めていた。天気によって...

庭あけ

春になってオホーツクの流氷が割れて岸から離れ海が見え始めることを「海あけ」と言うそうだ。先日から庭の雪が融けて地面が見え始めてる。ここ数日の暖かさで地面の見え方が一気に広がって、今朝はそのほとんどが顔を出した。これを「庭あけ」と言わずしてなんと呼ぼう。今シーズンの冬はちょっと独特だった。11月21日の雪がそのまま根雪となる、例年になく早い冬のスタート。おかげでバラを縛ることすら出来なかった。1月と2月は...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。