マウ

アイヌの植物に対する名前の付け方は、その植物全体をあらわすことより、自分たちにとって意味のある部分にだけ名前をつけるのだそうです。あるいは役に立つ事柄そのものを名前にすることが多いようです。たとえば大きな丸い葉の「フキ」は「コルコニ」意味は「フキの葉を持つ木」、つまりフキの葉にだけ「コル」名前があってその全体を「コルコニ」というわけです。あるいは山菜としてよく食べられる「ウド」は「チマキナ」(かさ...

アイヌの暮らし

「アイヌ植物誌」冒頭の一節です。「アイヌ」とは「人間」を意味する自称詞であり、英語の「man」と同義である。かれらはつねに、「アイヌ ネノ アン アイヌ(人間らしくある人間)」を目指し、どうすれば人間らしく生きられるのかと、絶えず問い続けながら生きた。自分にふりかかる災いや苦しみを試練と受け止めて耐えてこそ、人間は大きく成長すると考えた。たとえ死んでも、人々の心の中に生き続ける人は、伝承に値する人だ...

アイヌ植物誌

アイヌとハマナスの関係を以前から調べようと思っていました。そこでアイヌと植物の本を探していたところ、アマゾンでこの本を見つけました。著者の福岡イト子氏は小樽出身でなんと旭川で長く高校教師として生徒とともに「上川アイヌ」の研究をされてきた方でした。アイヌと植物の関係はいくらかの知識を持っていたつもりですが、この本で認識を新たにしているところです。今はハマナスよりこの本の面白さに熱中しています。まだ完...

秋の色

めっきり秋らしくなりました。バラ庭のほうはこの週末でほぼ片をつけてしまいました。植物たちが秋色を見せています。少し萎れ、色はかすれ、痛んではいるのに、なんだか夏より輝いているようにも見えます。秋枯れのギボウシ。寂しくもあり美しくもあり。夏より元気なクレマチス。そうそう、虫に食われなくなったのです。フウチソウイネ科らしく秋には紫の穂をつけます。話のネタはなくとも写真くらいは貼れたらとは思うのですがね...

バラの落ち葉

ここ数日、日ハムの応援で飲んだくれておりました。この一週間は朝の庭仕事もせずで、今日になってやっとバラ枝の処理を終えました。街へ写真を撮りに行こうかとも思っていましたが、庭仕事優先になってしまいました。結局、今日は自分の庭写真だけです。それも一週間ぶりでした。パウリーの剪定を路上でやりました。つるが長いのでそのほうがやりやすかったのです。すでに葉は少なくなっていましたが、それでほとんどの葉が落ちて...

バラの剪定

冬を迎える前にバラをある大きさに切っておきます。以前はもっと長めにいたのですが最近は結構思い切って切るようになりました。春の手間を省略しようということです。夏の間に茂った木の分量は相当なものです。切った枝はシュレッダーで砕いて来年コンポストに入れます。現在、細かくなったバラ枝チップは大きなゴミ袋に8つほどあります。今あるコンポストでは全部を処理しきれないかもしれません。それでもまだ枝チップはたくさ...

北海道のバラづくり ~工藤敏博著~

待望の本が届きました。今までホームページや掲示板での会話の中で、寒冷地に合ったバラ作りの本がないことを何度となく嘆いてきたことでしょう。北海道の園芸本の中にバラについて書かれたものありましたが、内容的にはまったく不十分かつ現代に合っていない感もありました。そしてあるとき、北海道新聞社から「花新聞ほっかいどう」という雑誌が月2回発行されていることを知りました。その中には当時百合が原公園管理事務所長で...

花じゃないもの ~近所を歩く2~

花を撮っていると写真の良し悪しをあまり気にすることはないのですが、花じゃないものを撮ろうとすると、とたんに自分の撮影技術の稚拙さが気になり始めます。純粋に写真撮影を楽しんでみたいとか、何か伝わる写真を撮ってみたいとか思いながらも、どこかその入り口でうろうろしている自分がいます。歩きながら街角の面白いものを見つけてカメラを向けるのですが、単に面白いものがいい写真になるというわけではありません。見た場...

近所を歩く

最近はカメラを持って近所を歩いたり、空き地撮影もさっぱりしていません。なかなか時間が取れないことや天気の悪さが影響しています。もっとも今年はいいお天気の日に山へ二度出かけてしまったこともありますがね。もうひとつ、去年の冬、お気に入りの空き地に家が2件も建ってしまいました。面白い植物がたくさんあっただけに、がっかりです。先日の土曜日晴れていたのでカメラを持って出かけてみました。本当は花以外に面白いも...

晩酌

長い間、私は、お酒は付き合いで飲むくらいで自宅で飲むことはほとんどありませんでした。ところが3年前に始めたダイエットを契機に少しずつ飲み始めて、最近ではほぼ毎日になってしまいました。ダイエットにお酒??そう思うでしょう!私の持論はこうです。1.お酒にカロリーはあるけれどご飯の代わりになるほどではない。2.だからご飯をセーブして飲めばカロリー的に問題はない。3.特にビールの炭酸と軽い酔いで程よい満腹感が得...

秋のルゴサ

ルゴサもタイプがいくつかに分かれます。秋になるとそれぞれが特徴ある様相を呈してきます。実がつかずに四季咲きのタイプはやはり今になってもよく咲いています。四季咲きでも実がつくタイプはさすがに花はほとんどなくなって葉が黄色くなってきました。数少ない一季咲きは実を真っ赤にして輝いています。リンダ・キャンベル春先に枝枯れを起こして短くなってしまったため、よくシュートが出ました。開花が遅れた分、ここに来てよ...

○○の秋

スポーツの秋、読書の秋etc秋が何かをやるに適した季節と捉える考え方は、夏が暑い地域の話なのでしょうね。夏に30℃を超える暑さから、涼しくなって頭や体がすっきりして元気が出てくることは容易に想像できます。しかし、北海道の秋となるとちょっと様相が違います。いちばん活動的なのは真夏で秋には少しテンションが下がります。私個人的なことを言えば、10月になると極端に体の動きが悪くなってくるのを感じています。昔はそう...

就実の丘

はや10月になってしまいました。なにか時の速さに追いついていない自分を感じます。ところで最近、地元旭川の風景を再認識しています。近隣の美瑛や上富良野、大雪山や十勝岳連邦などをちょくちょく紹介してきましたが、今年になって旭川市内にもすばらしい風景がいくつもあることを知りました。それを教えてくれたのが撮って置きの日々というブログのまりあさまです。私とほぼ同じ地域に住んでおられるそうです。ブログに載ってい...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。