カタクリはいつ咲く

カタクリの様子を見に突硝山へ行ってきた。ゲートが開いていて駐車場まで車で上がることが出来た。例年なら5、6分は咲いているところだが、山に入ってみるとほとんど咲いていなかった。エゾエンゴサクがやっと頭をもたげ、フクジュソウも半開き状態。この分だと5月の連休でも満開にはなりそうもない。ううう~、咲こうかな~、どうしようかな~おまえ、起きるの遅いよ。しゅいましぇん!そうれ、ぽん!咲いたぞ!でもまださむい...

太陽は魔法使い

比布の帰りいつもの東鷹栖のポイントに寄ることにした。普段はなんでもない田舎の風景が太陽の魔法でこのようになってしまう。太陽と朝の空気が作り出す光のショーを見ているようだ。水田に水を引く用水路も朝日に染まっている。春の作業を待つ器械たちも赤くかすんでいる。三日連続同じネタで申し訳なし。でもきれいでしょう。EOS 5D Mark IIEF70-300mm F4-5.6 IS USM...

早起きカラス

朝日を撮っていたら急に騒々しくなった。見ると川向こうの林から大量のカラスが飛び立ち始めた。林の上をひとしきり回ったあと朝日の前を横切って飛び去っていった。今日は一転寒くなった。どうも今年は暖かい日が続かない。EOS 5D Mark IIEF70-300mm F4-5.6 IS USM...

しつこく朝日を撮る

私の撮影時間は朝か夕方以降しかない。それならば、割り切ってその時間帯で勝負しようかという気にもなっている。朝や夕方の撮影は9割が天気で決まると言っていい。それに特殊な状況が加わって見たことのないような美しい光景が現われる。問題はそのロケーションだ。あらかじめ撮影ポイントが決まっていないと、天気の条件がそろっても間に合わない。今年はそのポイント探しの年になりそうだ。今年は、朝日では秋月橋付近と東鷹栖...

また君に恋してる

坂本冬美が紅白で歌ったこの歌が静かにヒットしているそうだ。この歌がある焼酎のCMであることは知っていたが、それを歌っていたのがビリーバンバンであることは最近知ったことだ。それならひとつカラオケのレパートリーとして覚えてみるかとyoutubeを開いた。実を言うとこの歌を通して聴くのは初めてだった。深く歌詞の意味も考えずに、なかなかいい歌だなーと思っていた。坂本冬美バージョンも聞いてみる。本当はこのポップス調...

スニーカーを選ぶ

今日は某大型スーパーにスニーカーを買いに出かけた。いつものことだが私は幅広甲高の足なので靴選びに難儀する。長さで選ぶと幅が狭すぎる、幅で選ぶと今度は長すぎるというのがいつものパターンだ。今日も3件の靴店で20足以上履きまくってやっとひとつ決めることが出来た。最終的に好みは度外視となってしまう。私の足は極端に言うと三味線のばちのような形をしている。私の足は踏み込むと指が開くのだ。だから革靴では先がすぼ...

真昼の月

先日、テレビで「たちまち」という言葉は「立待月」(たちまちづき)から来ているといっていた。「立待月」とは陰暦の8月17日のことで月の出が早いので立ったまま待つという意味だそうだ。ちなみに同じく陰暦の8月18日は居待月、8月19日は寝待月と言う。だんだん月の出が遅くなるわけだ。20日になると宵闇月と言って月の出は夜11時頃になるそうだ。ところで「たちまち」は「忽ち」とも書くがこの字はどこから来たものなんだろうか...

今年も寒い?

東京では昨日25℃で今日は9℃だったようだ。数年前の夏、各地で39℃~40℃に達する時期があった。しかしここ数年はむしろ寒い。というか極端な気候が多くなった。どうなってるんだ?というのがこのところの気候だ。どうも過去のパターンにはまらない天気が続いているような気がする。北海道、今年の夏はどうだろうか?去年はほとんど晴れの日がなくて日照不足と低温で米や作物は不作だった。さっきテレビの長期予報を見たところでは5月...

息子からの電話

昨日の夜9時頃、息子から電話がかかってきた。息:もしもし、◇○だけど・・・po:おお、にいちゃんか、どうした。息:携帯落としちゃって、探したら車に轢かれてた。  完全に壊れてて、携帯の店に持っていったんだけど直らないって。po:中のデータもだめってことか?息:そう・・・ごほごほpo:どうした、風邪引いたのか。息:そう、ちょっと熱もある。  それでね、電話番号変わったんで知らせようと思って。po:ああそう・・...

近所の春

遅い春ながらも近所を歩いてみると、やっと庭の地面が現われてがるの使者が顔を出していた。お隣のクロッカスとフクジュソウ。こっちは別のお宅。これも春の使者?まあそういうことにしておこう。...

遅いぞ、春!

昨日、突硝山へ春を探しに行った。よく晴れていたのでうっすら霜が降りていた。前回(4月6日)はフキノトウをまったく見つけることが出来なかったが、昨日はさすがに顔を出していた。でも、顔を出してからそんなに経っていない感じだ。めんこそうなのを探してみる。これなんかめんこいんでないかい。それではと山のほうに入りカタクリの状況を見に行った。見たところまだまだのようだ。フクジュソウすら見つからないのはどういうこ...

ハイブリッド・フルテミア

「バラの家」から頼んであったバラが届いた。とはいっても2週間前の話だ。ネットで「バラの家」を覗いていたらハイブリッド・フルテミアというリンクを見つけた。入ってみると5種類のハイブリッド・フルテミアがあった。こんなことありえるんかと驚いたはずみで、持っている1品種以外すべてを注文してしまった。届いた苗は6号鉢でなかなか立派なものだった。しっかりと緑が茂っていてナイジェル・ホーソンとクセル・クセスには蕾も...

植物の生存戦略

「じっとしているという知恵」に学ぶ、という副題がついている。実はこの本を買って読み始めてしまったと思った。植物学をわかりやすく解説した本かなと勝手に想像していた。一般向けにやさしく書いてあるとはいえ、現在も研究が進行中の最先端の植物学だったのだ。全10章、各章それぞれの専門の人が手分けして書いている。遺伝子がどこでどんな物質と関わりと変異が起きるのか。花粉か雌しべに付くと花粉管が胚嚢に向かって向かっ...

買物公園を撮る-思いつくまま

買物公園は1972年に日本初の恒久的な歩行者天国として始まった。これを発案したのは当時の旭川市長五十嵐広三氏だ。彼は誰も思いつかないような発想の持ち主で、日本最北の動物園である旭山動物園を作ったり、これも日本最北の医科大学である旭川医大を誘致したのも彼の時代だ。彼は後に社会党衆議院議員として村山内閣の時代運輸大臣や官房長官を務め、1996年に政界から引退した。この買物公園しばらくは賑やかだったが、郊外に大...

買物公園を撮る-人のいる風景

街へ出たのはいいけれどまだ雪が融けたばかりで装いは冬のまま。暖かくなればセールのワゴンが表に出て賑やかになるのだけれど、まだちょっと寂しい。日曜日だというのに人出はまばらだった。昨日は銅像ばかりだったので今日は人が写ったのも出してみようかと思う。銅像と違って人を撮るのはちょっと神経を使う。もちろん本人の了解をとっていないわけだから顔がはっきり写ったものは出しちゃいけないのかな。もちろん人を狙ったわ...

買物公園を撮る-彫刻

旭川にはキャッチフレーズがいくつかある。「川の街」、「日本一寒い街」、最近では「旭山動物園の街」だろうか、そうして忘れてならないのは「彫刻の街」だ。彫刻家中原悌二郎を生んだ街として1970年に中原悌二郎賞を制定して、毎年優れた作品を表彰している。そんなこともあって、市内各所に彫刻がたくさんある。この買い物公園もそんな場所のひとつだ。昨日の手の噴水もそんな彫刻のひとつだ。実を言うとこんな副題をつけて書く...

買い物公園を撮る-思い出

カメラを買って以来、撮影できたのは早朝と夜だけ。それも天と地を上下で別分けたような写真ばかりだった。日中の撮影がなかなかできない。本日やっと日曜の時間が取れたので、待望の街撮りをすることにした。カメラはもちろんEOS 5D Mark II、レンズは50mmオンリーという設定だ。ズームに慣れた私にとって自らがズームになることにはかなりの違和感が想像された。選んだ場所は旭川の街を象徴する買い物公園。はたして面白い対象が...

旭山から夕日を撮る

好天が続いたので旭山からの夕日を撮りに行くことにした。仕事が終わるのを待ってすぐに出発。環状線が渋滞していてなかなか進まない。ちょっとあせったが何とか間に合いそうだ。動物園の前まで着いたが、以前と道が変わっていてよくわからぬまま進むと結局、動物園の東門に着いてしまった。日没までもう時間がない。そこで駐車場裏に小高い山があるのでそこを登ることにした。カメラと三脚をかついで雪の坂を駆け上がる。日ごろの...

旭川の夜景

いろんな人の写真を見ているうちに夜景に挑戦してみたくなった。肝心な撮影ポイントだが手短なところで観音台付近、伊の沢の中腹あたりで撮って見ることにした。なんだかんだで現地に着いたら7時半頃で真っ暗になってしまった。なかなか美しいが、時間がちょっと遅すぎたか。背景の山などがまったく写らない。時間帯としては、少し空に明るさが残っているくらいがいいかもしれない。少しズームアップ。今回は時間帯や場所など絶好...

朝日の町並み

今日も見事に晴れ渡ったので写真を撮りに行った。近くに小高い丘があって、そこから私の住む末広地区が一望に見渡せるところがある。このポイントは母がこの近くの施設に入ったときに見つけたものだ。東鷹栖と同じで何度か撮影に来ている。遠くの山並みと町とのコントラスとが強くて両方の表現が難しい。もっと早い時間に来るべきだった。かすむ大雪山が水墨画のよう。今度は望遠。カメラを右に移動して町並みだけを捉えてみる。煙...

朝靄の風景

朝60時半ころ、晴れていたのでまたもや東鷹栖方面に向かった。王子がフキノトウの写真を撮っていたので、春を探しに出かけてみた。走っていると水田地帯が靄に包まれている。そこに朝日が当たって白く輝いてた。車を水田方面に乗り入れて撮影した。あまりうまくいかなかった。輝きはただ白くなってしまった。鳥が飛んでいるがわかるだろうか。カラスかな?5Dなのであまり望遠が効かない。フキノトウはまだなかった。Windouws7に今...

格闘、Windows7

相方のPCが壊れてしまった。2週間ほど前のこと、突然、何もしないのに急に電源が落ちて再起動するということを繰り返した。そして、ついに電源すら入らなくなってしまった。直感的に基盤のどこかだろうと思われたが、私に基盤を修理する力はない。ましてやこれは私が以前使っていたPCなのでかなり年数はたっている。あきらめて新たに買うのが妥当であるうということになった。とりあえず、近くの電気店に行って手ごろなのを探した...

通勤の朝に

このところ写真を撮るといえば通勤時ばかり。夕暮ればかりが続いたので今日は朝の写真だ。元々は広い空き地だったところにぽつんとこのようなアパートが建った。もう4月、朝日の輝きがちょっと今までとは違う。空の明るさも希望に満ちている気がする。でも、通勤時にカメラを持ってうろうろするのはちょっと恥ずかしい。撮影が終わるとそそくさとカメラをリュックにしまって職場に向かう。EOS 30D AF18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC ...

青い色素を持つバラを発見

驚きのニュースが入ってきました。中国で青い色素のデルフィニジンをもつバラが発見されたそうです。そのバラの詳細は極秘でどんなバラなのかまだ発表されていません。そして、このバラを手に入れ研究を続けていたオーストラリアの企業が、ついにこのバラから作り出した青バラを発表しました。それが、これです。この記事は本日のみ有効です。マウスポインターを写真に置いてみてください。...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。