けじめ

今年も今日で終わりとなった。明日は新年ということだが、考えてみればただの今日と明日と言うことも出来る。いつもと変わらないはずの今日と明日が暦の今年と新年ということになれば心も改まるというものだ。人は季節や節目には行事や儀式を行ってきた。それが人間生活をぐいと前に押し出す働きをしてきた。年末年始はその代表格だろう。思うに、私がこともの頃と比べると年末年始に恒例だった事がずいぶん少なくなったように思う...

雪明りの路 つづき

伊藤整は1935頃から1960年代くらいまでに活躍した小説家であり評論家だった。私としては論理的で手厳しい評論家のイメージが強い。翻訳家としても知られたが、主にD・H・ロレンスのものが多かったようだ。その中で『チャタレイ夫人の恋人』の翻訳をめぐって、文学作品か猥褻文書かで争われた「チャタレー裁判」で一躍有名になった。彼が北海道生まれで小樽で育ったことを知ったのは、現在の男声合唱を始めてからだった。多田武彦...

雪明りの路

このシーズン、酔っ払って夜の雪路を歩くことが多い。タクシーから降りて少しだけ歩いてみる。雪に覆われた夜の路はけっこう明るい。夏には暗く感じた街灯もやけに明るく見える。雪に覆われた路は、たとえ街灯がなくても月明かりだけで路が歩けるだろうと思う。ひょっとしたら本だって読めるかもしれない。実際にやってみたことはないけど、それだけ雪の効果は大きいということだ。伊藤整という文芸評論家がいたことをご存知か?彼...

風景を撮る

今日、隣町の鷹栖町に出かけてきた。写真を撮るにもモノトーンの世界でちっともカメラのテストにはならない。時折、雪がちらつく天気で地面も空も真っ白だ。その分木々の黒はよく映える。NEX-3E18-55mm F3.5-5.6...

年末になると

今日は月食だった。時間は午後4時半ころから6時ころまで。写真を撮ろうかとも思ったが仕事時間中のことだったので断念した。明日は冬至だ。毎年、冬至かぼちゃとゆず湯でまとめているが、明日は相方と忘年会をすることにした。ということで定例行事は次の日になった。なんとなく過ぎてしまった今日と、なんとなく過ぎてしまったこの一年。年末になると今年もこんなことでよかったのかと少し虚しくなる。帰り際信号待ちをしながら、...

NEXで花を撮る 2

NEX-3、昨日の続きをお送りする。ホームセンターの花売り場であからさまにカシャカシャと写真を撮るのはどうも気が引けたが、店員も気づいてなにも言わなかったので調子に乗って撮らしていただいた。それでもカメラをさっと向けてピピッ、カシャ!と速攻の撮影にしてはまあまあうまく撮れたと思う。そういった意味ではコンデジ並みの撮り方で一眼並みのクオリティ、気合を入れれば上級クラスの写真も期待できる。コチョウランガー...

NEXで花を撮る

今日はホームセンターの花コーナーに行って写真を撮ってきた。NEXがどれだけ花色を忠実に出すかを見極めるためだ。胡蝶蘭問題の紫系だが、やや蛍光色っぽくなって安っぽい色になったかな。ポインセイチア赤に対して色飛びすることなくしっかり出ていると思う。白いカランコエ。この辺の色は全く問題ない。ピンクのシクラメン。色は忠実に再現されている。背景の金モールのボケ感がなかなかいい。唯一あったバラだ。やや黒味がかっ...

忘年会

景気のいい時代、12月ともなれば忘年会のオンパレードだった。ある年は12~3回の忘年会に出席したことがある。前の職場では各部署別に5~6回は忘年会があって忙しかったのを覚えている。今は職場と合唱団のみで2回と決まっている。平和なもんだ。その職場の忘年会が明日ある。昔はマイクを持って司会業で活躍したが、今はこれまた平和な立場になってしまった。いやいやオーナー夫妻のカラオケに付き合わなくてはならない。これが終...

光る道

今朝の旭川の気温は氷点下12℃。今シーズン初の氷点下二桁気温となった。ちなみに十勝の陸別町では-23.7℃だったらしい。今日は道内20ヶ所で-20℃を下回ったというニュースが流れていた。昨年はどうだったのかちょっと気になった。昨年の12月の旭川は5日に-11.5℃、11日に-14.5℃だった。26日には-17.5℃になっている。今年は穏やかな方かな?今後どうなるかはまだまだ分からない。このカメラを買ってから毎日ポケットに入れて通勤してい...

まだまだNEX-3

まだまだNEXで引っ張らせていただく。NEXには「手持ち夜景モード」というのがある。暗い中で十分な露出を得るにはタイマーが伸びて手ブレが起きる。このモードは短かいタイマーで複数の写真を撮りそれを重ね合わせた写真を作る。なるほど、考えたなーというのが率直な感想だ。一枚一枚は短時間撮影なので露出不足の写真だがブレはない。それぞれの写真をうまく重ね合わせることでブレがなく、且つ露出が得られた写真を作ることが出...

NEX-3のおもしろ機能

最近のカメラはデジタルならではの機能満載だ。動画が取れるのは当たり前、勝手に濃度の調整をしたり、高感度時に出るノイズを取ったりと様々な機能がある。最近よくあるのが顔検出とか、笑顔になるとシャッターが切れるスマイルシャッターなどだ。NEX-3も今書いたすべての機能を持ち合わせている。NEX-3(NEX-5)に特徴的な機能の中にDROとオートHDRがある。どちらも白飛び黒つぶれを防ぐための機能だ。DRO(Dレンジオプティマイザ...

猛吹雪

11月に降った大雪はその後の大風と雨でほとんど融けてしまっていた。12月も10日過ぎになるのだからすでに根雪の平年を過ぎてはいる。初雪が早かった年は根雪が遅いのいい例となった。昨夜、家が揺れるほどの大風が吹いたと思ったら、今日は猛吹雪。せっかくの日曜日は雪かきに追われた。時間があったらNEX-3の写真を撮りに出かけようと思っていたが断念した。今日は、雪かきしながら家の前で遭難しそうな風雪の強さだった。雪かき...

ソニー NEX-3

毎年、冬になると欲しくなるものがある。それはカメラとレンズだ。撮影が多い夏場は気にならないのに、冬になるとどうもカメラに目が行ってしまう。毎年、何かは買ってしまうシーズンとなった。現在のEOS 5D Mark IIには十分満足しているが、これを日常に持ち歩くわけにはいかない。日常持ち歩いて、いつでも撮影できるカメラが欲しかったのだ。そこでコンデジを何度か買った。もちろんデジタル一眼と同じレベルを要求しないが、花...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。