いただいたバラ特集 マニングス・ブラッシュ

せっかくいただきバラ特集も始めたので、こちらも出してしまおうと思う。これで記事の総数の帳尻は合うこととなる。マニングス・ブラッシュ(ハイブリッド・エグランテリア:HEg)これもすみごんさんからの頂き物。私としてもはじめてのハイブリッド・エグランテリアだ。花がかわいい割りには枝の出方は剛直で横張り気味だ。細かいトゲが密集している。葉っぱは親のエグランテリアに似て小さめでざらざらしている。触ってみるとわず...

皆勤ならず

昨日は、缶ビールを1本飲んだだけなのに、そのまま寝てしまい、気がついたら2時になっていた。先週のガーデンパーティーもあり疲れていたのかなと今にして思う。今月はブログ皆勤を目指していたのだがそれも潰えた。今朝のうちに昨日分を書こうとも思ったが、朝の水やりや草むしりをしているうちに時間がなくなってしまった。ブログやBBSの返事は仕事の合間に書いた。そのせいか仕事は凡ミスだらけでちょっとあわてた。今日はお茶...

いただいたバラ特集 ゲーテ

私はよくバラやその他の植物をいただくことがある。もちろんネットを通じて知り合った方ばかりだ。私も差し上げることはあるが、圧倒的にもらう方が多い。いらないものを強制的にいただくのはあまり嬉しくないが、これから紹介するのはもちろん嬉しく有難くいただいたものばかりだ。前にも書いたがこのゲーテは去年すみごんさんからいただいた。このバラを知るきっかけは、私が花フェスタ記念公園で撮った写真だった。それは一重で...

男の花作り

男は花作りになかなか参加できない。男は素直に綺麗だなと思ってもそれだけで花作りをはじめる理由にはならない。男にはそれなりの理屈が必要なのだ。元々は日本の庭と言えば男のものだった。庭木が主体で、松の類からシャクナゲ、ツツジ、ツバキなどでその種類はかなり多い。草花を嫌い地面を草ひとつなくしておくのが日本的な庭というイメージが固定してきた。また季節ごとの手入れや剪定、冬の囲いなど知らなければならないこと...

花よりだんご

同期の連中を集めてお庭パーティーを行った。だれの行いが良かったのか朝からからりと晴れ渡った。我が家を訪れたのは8人、手狭なマイガーデンはこれで定員満席状態だ。名目としては暫し花を愛でてから焼肉をやろうということだったが。わーすごい!きれい!と言いながら歩くこと15分ほどで一回り。花好きならするであろう花談義もなく、みなさん、定位置に陣取った。まだ予定の12時になる前だったのでお茶を出したが、何となく座...

なんという温度差

昨日、熊谷で39.8℃を記録した。6月としては国内最高記録だそうだ。一方、北海道は寒さに震えていた。わが旭川市では最高気温が15.8℃、朝の最低気温は8.6℃で一桁となった。また根室市では最高気温が9.7℃といくつかの地域で最高気温が一桁となった。熊谷と根室では30℃の温度差があったことになる。梅雨前線をはさんでこれだけの温度差になるのは珍しいことなのだろうか。天気図を見ると東北の梅雨前線の下は完全に梅雨明けの気圧配置...

びっくりレダ

レダの木にこんな花が咲いた。ちょっとびっくりしている。レダといえば白い花びらに赤い縁取りが特徴のバラだ。それがすべてピンクのレダ誕生だ。いったい何が起きたのだろうか?一種の枝変わりと考えていいのだろうか。もしそうなら、この枝を育てたら新品種の誕生だが・・・この花じゃ何のインパクトもないなあと思う。やっぱりオリジナルのレダのほうが魅力的だろう。他の花もこんなでないことを祈る。驚きの花色。2009年のレダ...

ルゴサ次々

ルゴサが次々と開花している。しかし今日は朝から雨で気温も低い。雨は明日まで続きそうだ。昨日まで咲いたルゴサでまだ紹介していないものを紹介する。ヘンリー・ハドソンコンパクトな樹形で花形が崩れにくい。実も美しい。ハンザルゴサらしい花とすばらしい香り。ロズレー・ドゥ・ライ花はハンザにも似ているがこちらの方が花びらが反り返る。香りもハマナス系でハンザによく似ている。この花色の八重咲きは種類が多く鑑別は難し...

カニナ満開?

昨日の暑さでカニナが一気に咲きはじめた。満開というにはまだちょっと早い気がするが、よく咲いてくれた。明日から雨模様の予報。どれだけ花が持ってくれるのか、日曜日にはどうなのかちょっと気になる。今日は飲み会があって今帰ってきたばかり。そんで細かいことは書けないのであとは写真を貼っておく。ロサ・カニナほとんど全体像。何か規則正しく咲いているようにも見える。EOS 5D Mark IIEF24-105mm F4L IS USM...

おしい、29.3℃

今日も5時半から裏庭の通路の草取り。通路なので鍬で削り取る。元々雑草園のようなところなので通路が草だらけになると、ただの草地のようになってしまう。通路が綺麗になるだけで庭に秩序が生まれたように見えるから不思議だ。今日は最高気温が30℃になるという予報だ。普通なら迷わず鉢に水遣りをするのだが、昨日10時すぎに水をかけたのでほとんど乾いていない。どうしようか迷ったが、そのまま出かけることにした。水枯れが起き...

ルゴサ四態

だんだんルゴサが咲き始めてきた。最近は写真を撮るのもかっこよく美しく撮ろうと思いそうしてきたが、いざ咲き始めたバラを目の前に知ると、以前の図鑑的撮り方に戻ってしまう。アングルは斜め上からの手前のオシベにピントを合わせる。思い切り寄れるわけでもなく、かといって引いて背景の美しさを意識も出来ずに撮ってしまう。なかなかそのバラの風情を引き出せないのがまだ腕の未熟なところか。アグネス(HRg)これ地植えのじ...

今日は庭三昧

今日は朝6時から庭に出て水やり草むしり。4鉢ほど鉢増しをした。空になった鉢を20個ほど洗って物置にしまう。来週、人を呼んで庭でバーベキューをする予定なので、その場所を確保しなくてはならない。鉢で占領されていた所を空けるべく、鉢を持ってあっちへうろうろこっちをうろうろ。なんといっても草むしりに一番時間を費やした。巨大になったカニナの下が一番の鬼門。カニナの枝が垂れ下がってくる中でのしゃがみ仕事。時折トゲ...

ナイジェルホーソン

意外なやつが開花した。去年、蕾つきで届きながら、結局咲かなかったナイジェルホーソンだ。さぞ気難しいやつかと思ったら意外とすくすくと育って、冬もらくらく越えた。ハイブリッド・フルテミアにしてはわりと素直ないいやつという印象だ。同じ仲間のユーフラテスとクセルクセスが秋頃から雲行きが怪しくなって、家の中で冬越ししたが結局はオシャカとなった。チグリスも家の中での冬越しだったが、こちらはなんとか持ちこたえて...

ルゴサの季節

今日は朝から快晴。空を見上げると全く雲のない空に落っこちそうなほどの青空だった。バラの蕾が膨らみ始めてルゴサも咲き始めた。シュネーツベルグ(HRg)アグネス(HRg)フラウ・ダグマー・ハストラップ(HRg)レッドネリー(HSpn)EOS 5D Mark IIEF100mm F2.8Lマクロ IS USMKenko TELEPLUS PRO300 1.4X DGX...

緑の庭

満開に花が咲く庭ももちろんいいが、私はどちらかというと花が咲く直前の庭が好きだ。バラの葉は輝き、そして蕾が少しだけ色づき始める。これから咲くぞ~、というエネルギーに満ち溢れている。そんな庭を眺めているだけでわくわくしてくる。庭の中から。まだ咲いているバラはほとんどない。道路側から。右上で高くツルを伸ばしているのはロサ・カニナだ。庭への入り口。レッドネリーだけが赤く色を添えている。EOS 5D Mark IIEF24-...

再び福島のこと

ここは基本的には植物ブログだが、シーズンオフには脱線することも多い。今まさにバラが始まろうとするシーズンになったが、どうしても気になることがあって、今日はあえて脱線させていただく。今年3月11日に震災が起きた。そして福島第一原発において事故が発生したことは誰もが知るところだ。私に若干の放射線の知識があることからいくつかのコメントを書いた。そこで、チェルノブイリのようになることは絶対無いと書いた。そ...

水滴の芸術

先日の日曜当たりから雨模様。昨日からは気温が20℃に届かず肌寒い。昨夜からかなりまとまった雨が降った。バラも花たちもみな重たそうにこうべをたれる。こんな朝は水滴が美しい。水って不思議な物質だなといつも思う。生命を生み出し、地球の美を演出している水。そう思うとこの小さな玉の光が不思議な光を放つ。ヒューケラの白い花R.グラウカゲラニウム・ジョンソンズブルーセント・セシリア(ER)の葉っぱシラー・カンパニュラ...

ゲラニウムいろいろ

バラが次々咲くかと思いきや、なかなか咲かない。あわてずぼちぼち行きたいと思う。ということで今日はゲラニウム。ゲラニウム・レナルディゲラでは大き目の花びら。そして花びらに入った筋がなかなかいけてる。ゲラニウム・マクロリズムこの系統は背は高くならず横に広がる。葉っぱに触ると手がくさくなる。ゲラニウム・エンドレシーなかなかスマートで美人のゲラニウム。ゲラニウム・アルバナムつる性でよく伸びる。とんでもない...

おまたせスピノシッシマ

もたもたしているうちにスピノシッシマが花盛りになってきた。なにせ早朝と夕方はしぼんでいるので開花状態の写真をなかなか撮ることが出来ない。昨日は日曜で思う存分激写してみた。いま咲くのはピンピ系の原種かそのハイブリッドばかりだ。そこをルゴサが追いかけるという構図だ。他のバラが咲きだすのはやはり今月末頃からになりそうだ。このカップ咲きはやっぱりいいね。この小さな葉っぱとのバランスもいい。鉢植えなのがちょ...

オダマキいろいろ

今朝、スピノシッシマほかバラの写真を撮って、パソコンに読み込んだつもりだった。その後、カードリーダーからCFカードを取り出して消去した。さっきパソコンを見たら画像がなかった・・・がちょ~ん!(古い!)そういうことで、今日はバラの写真はなし。代わりに洋物オダマキいろいろ。グリーンアップルだったかな?後は名前が分からない。これはお隣のこぼれダネで増えた。カナダオダマキ今日は雨が降ったかと思えば青空になる...

いい雨

夕方から夜中にかけてまとまった雨が降った。好天続きだったのでいい雨になった。これで庭の植物たちもグンと伸びるだろう。朝はまだ雨の名残で薄暗く曇っていた。見るとフリューリングスモルゲンが咲いていた。フリューリングスモルゲン「春の朝」にふさわしい花だと思う。朝見たときはまだ開いていなかったが、仕事の出掛けに見たときには咲いていた。写真は帰ってから撮ったが、やっぱり少し閉じかけている。セリケア・プテラカ...

一番のりぃ~!

今日、最初のバラが咲いた。今年の一番はロサ・セリケア・プテラカンタ。ロサ・スピノシッシマの連覇を初めて阻止した。どちらもピンピ系のバラだが早咲きでこの系統に勝るものはない。ロサ・プリムラがいたらやはりトップを争っていただろう。次に咲きそうなのがハイブリッド・スピノシッシマのフリューリングスモルゲンかな。白ハマナスもツボミに薄ピンクの花びらを覗かせていて競争になりそうだ。その後はきっと次々と咲いて順...

噴霧器がこわれた

先週の金曜日にニームオイルを散布した。昨日は、久々に「月桃」と「ブロッカー」の混合液を散布してみた。ところが途中から噴霧器の音はすれども薬剤が出てこなくなってしまった。電池を取り替えてみたが同じだった。考えてみれば相当長年使っている。最近はかなりパワーが落ちたと思っていた。恐らくポンプが寿命なのだろう。その日すぐに新しい噴霧器を買いに出かけた。同じものはなかったが、同じ5Lのものでノズルがふたつ付...

夏日

旭川では今年初めて最高気温がやっと25℃を超えた。今年の5月は寒かったので開花は全体的に遅れ気味だ。よその庭では花のシーズン到来だが、我が庭はまだ今ひとつ。やはりバラが咲き始めないと様にならない。今ゲラニウムが次々と咲き始めている。この時期は裏庭の野草園が花盛りだ。今年はマイヅルソウが勢力を広げて他の植物を飲み込み始めた。今年は少し引き抜いて勢力を抑えている。EOS 5D Mark IIEF70-200mm F4L IS USM...

ゼロになるからだ

前に「いつも何度でも」のことを書いた。この歌詞で一番印象に残ったのは「ゼロになるからだ」という言葉だった。「ゼロになるからだ」とはなんだろうか?アマゾンで覚和歌子の著書を探したら「ゼロになるからだ」という本があるのを見つけてすぐに購入した。これは「いつも何度でも」がヒットした後に書かれた本のようだ。不思議な物語あつまり、それが私の第一印象だ。詩のような区切りで文章が書かれているが、これは明らかに物...

早咲きゲラニウム その2

ピレネカムに負けず劣らず早咲きのふたつ。それがゲラニウム・マクラツムとチシマフウロだ。マクラツム(Geranium maculatum)は北米を原産とするゲラニウムで透明感のあるピンク色だ。すっくと立って倒れないので花姿のいいゲラニウムだと思う。チシマフウロ(Geranium erianthum DC.)は北海道やロシア、北米に広く分布するゲラニウムだ。背はそれほど高くならない。日本を原産とするフウロの中ではもっとも青い花色をしている。...

ツボミ出現

バラの緑も大分濃くなってきた。ここ数日、早咲きのピンピ系にツボミもいくつか現われるようになった。あと1週間もすれば咲くものも現われるかもしれない。昨日今日は、今年はじめてニームの散布をした。アブラムシがかなり増殖してきているし、食われる葉っぱも目立ち始めた。本当はもう少し早めに散布すべきだった。葉先が紅いのはドクター・エッケナー(HRg)ロサ・セリケア・プテラカンタロサ・スピノシッシマロサ・フェティ...

早咲きゲラニウム

バラの次に我が庭を占領しているのがゲラニウムだ。その中で最も早咲きなのがゲラニウム・ピレネカム(Geranium pyrenaicum)。チューリップなどと同じ頃から咲き出す。小花の割に草丈は高く1mくらいにはなる。次々と枝を増やして長く咲き続ける。元株が終わる頃こぼれ種で増え始め、次の年には大株となる。遠くまで種を飛ばすのであちらこちらから出てきて困ることもある。ゲラニウム・ピレネカム(Geranium pyrenaicum)ゲラニウ...

ラミアストラム

しぶとくまだ黄色で攻める。今日はラミアストラムという舌をかみそうな名前の植物。意味はラミウムに似ているということでラミウムの仲間である。写真はラミアストラム・ガレオブドロン(Lamiastrum galeobdolon)。ますます舌を噛みそうだ。この写真だとすっくと立っているようだが、這い性であっという間に地面を覆いつくす。ラミウムより広がるかもしれない。2、3年放置していたらほかの植物を飲み込んで広がってしまった。今...

春の黄色

黄色の花が続く。春にはいろんな色の花が咲くが黄色はとりわけ明るさと暖かさを感じる。桜のピンクもいいがまだ寒いというイメージだ。黄色の花が咲き始めて初めて暖かさを感じているのは私だけではないと思う。しかし、自分の庭で春に咲く黄色の花は実に少ない。真っ先に咲いた黄色はスイセンだが今は終わってしまった。今割いているのがこれだ。ユーフォルビア・ポリクロマ鮮やかな黄色だ。これが咲くと庭がぱっと明るくなる。ド...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。