コンサートを終えて

合唱のコンサートが終わってもう3日目になってしまった。出来のほうはまあまあかな。合同合唱(シューベルト)は当初思ったよりずっと良かったのではないかと思う。練習のときはどうなるかとはらはらさせたが、何とかまとまったようだ。観客の反応も悪くなかった。やはり、アルトソロとホルンがかなりのインパクトになったようだ。わが単独演奏の「月光とピエロ」は、聴いた人の感想からまあなんとか音楽になったのではないかと思...

月光とピエロ

いよいよ明日がコンサート本番だ。旭川、札幌、小樽の男声合唱団がそれぞれの合唱を披露する。その後、合同合唱をする。合同合唱がシューベルトの男声合唱曲集からであることは前に書いた。我々、大雪山麓男声合唱団の単独演奏の曲は「月光とピエロ」である。日本の男声合唱としては古典的な曲だ。今回、私がプログラムの解説を書いた。2000文字と1400文字の2バージョンを書いたが2000文字のほうが採用された。以下にご披露して今...

冬突入

昨夜はさらっと降っただけの雪だったが、夜中強風が吹き荒れて朝になったら真っ白な風景になっていた。先日のふんわり雪とはちょっと趣が違う。やはり気温が低いのだろう、雪がさらっとしている。風も強く吹雪の朝だった。ご近所はすでに雪かきを始めていた。相方が「雪かきしないの」という。私はむるまに積もった雪からして10cmちょっとくらいだろうと思っていた。まあ人や車に支障が生じるような量ではない。帰ってから夜やるこ...

治っていなかった

今日になって腰はまた元通り。札幌の合同練習では最初座っていたものの腰の具合が悪く、その後立ってずっとやっていたけれど、やはりしばらくすると腰に負担が来る。時々屈伸をしたり体を動かしたりしながら最後まで立っていた。こんな調子で本番は大丈夫か?コルセットをしているとやはり呼吸がしにくいので少し緩めていた。帰りは電車の中でビールを飲みながら一息ついた。アルコールが入ると腰が気にならなくなる。でも、これが...

腰痛が治った?

ここしばらく影を潜めていた腰痛がまた再発している。思いも物を持ったわけでもなく、ひねったわけでもない。中腰がいちばんいけない。椅子に座った状態から立ち上がるときにぎくりと来る。もう、一週間くらいになる。実は今日こそ鉢物の始末、最後のチャンスと思っていた。先日の雪から今日は気温も上がって今日は7.8℃。多少の雨でもやるつもりだった。普通に歩くだけでも腰に響く状態だったので、鉢の上げ下ろしができるか心...

積雪

ついに雪がやってきた。朝起きたらこのような状態だ。地植えのバラは囲ってないし、鉢植えもまだそのまま置きっぱなしだ。あと1日の作業なのだけれどなかなかそれができない。本当ならこのような感じになっていなければならないのだけれど。いずれ溶けるだろうとタカをくくっているが予報では数日降り続くらしい。にもかかわらずいそいそと庭の撮影に出てみた。カメラが濡れるのを気にしながら今時期特有のふわふわ雪を楽しんだ。...

Ice Rose

金曜日、土曜日と連続で飲み会がありちょっとげんなり気味の日曜日。でも、今日は11月26日に旭川で行うGlee Festaの合同練習で札幌に行ってきた。3団体の合同曲はシューベルトの男声合唱曲集から3曲。アルトソロありホルン伴奏ありでなかなかバラエティには富んでいる。曲自も表現豊かで美しい旋律もある。もちろんすべてドイツ語でやるわけだが、速度が早くて言葉が入りきらないところがあるのだ。口が回りきらないといったほう...

鬼門の月

ここ何年か11月はこのブログの記事が極端に減るということが続いている。ひとつは冬近くになって自分の庭のネタがなくなること、もうひとつが合唱のイベントが近づいて忙しくなることがある。もうひとつは去年も書いたと思うけれが、職場のオーナーのカラオケイベントのお付き合いで時間がとられることだ。実をいうと今週だけでもう三度お付き合いしている。帰るのがほぼ12時近くなので掲示板やブログの返事を書くだけで終わってし...

初霜?

今日、霜が降りた。初霜かと思ったら、もっと前に初霜はあったらしい。気がついていなかっただけだ。最近朝が弱くて困る。以前は4時、5時起きでも大丈夫だったのに、最近は6時におきても1時間くらいは使い物にならない状態だ。それで早朝の写真がなかなか撮れないし朝の作業もほとんどできないでいる。一時は良く行った朝日の写真もしばらく撮りに出かけていない。困ったもんだ。ここ数日、良い天気が続いた。昨日はおかげで庭の冬...

そんなに頑張らなくても

今日は一日、残ったバラの葉毟りに明け暮れた。毟っても毟ってなかなか終わらない。朝から午後4時半頃までやってなんとかやり終えた。去年より大変だったなーと思う。そういえば今年は黒点で葉を落としたものがほとんどないのだ。いつもはほとんど枯れ木状態になる、ヴァリエガータ・ディ・ボローニャがほとんど葉を残していた。巨大なだけにこれだけでもかなりの時間がかかった。病気を防ぐのも良いんだか悪いんだか・・・ところ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。