色彩の丘

丘の町美瑛に行ってきました。
富良野に来る人には美瑛にも行きなさいと人に勧めながら、私自身はもう10年以上行ってませんでした。
昔から比べるとずいぶん観光化しているのだろうなぁと思いながら車を走らせます。
旭川市からは国道237号線を南へ30分ほどで美瑛の町へ到着します。
とりあえずは相方さんの言うとおり、おいしいコーヒーが飲めるという美馬牛駅の近くにあるカフェへ。
さて次はどこへ行こうか・・・観光スポットもあちらこちらに分散しているのでそれらしい方向に成り行き任せに走ると、なにやら黄色い帯のようなものが見えてきました。
近づいてみるとそれはヒマワリ畑でした。背景に見えるのは十勝岳連邦です。
美瑛01

撮影を終えて進むとすぐに「色彩の丘」に到着しました。
牧草ロールでできたロールちゃんがお出迎えです。入り口の反対側にはロールくんもいました。
美瑛02

中に入ると確かに色彩の丘でした。
色のどぎついケイトウの花畑です。さすがにうへっと思いましたが、景色全体から見ればこれくらいじゃないとインパクトが無いのかもしれません。
美瑛03

こちらはクレオメの花畑です。クレオメは花期が長いのでこういうところにはうってつけでしょう。他にはサルビアやマリーゴールド、コスモスなどがありました。さすがにラベンダーはすでに終わっていました。
ここは美瑛の本当の風景を見せる所ではなくて、美瑛が有名になってから観光用に作られた場所です。花を見せるというより広い大地に描いた色彩を見せているのでしょうね。ファーム富田にもこの手の花畑があったはずです。
美瑛04

それでも、観光客は一様に「わーっ、すご~い!」の歓声を上げていました。何がすごいのかなと考えてみるとやはりここから見える風景なのだな~と感じます。
北海道の中でもここの風景は特別だと思います。丘陵地に作られた畑と、大きくそびえる十勝岳連邦を見るだけで外国に来たような印象をあたえるのだと思います。
美瑛05
国道の東側はどこから撮影しても十勝岳連邦が写ってしまいます。
つづく・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。