空地植物復活

昨日今日と空き地の探索に行ってまいりました。
昨日は空き地植物に関しては残念と書きましたが、今日はそれなりの収穫を得ました。
久々なのでちょっと興奮しながら写真を撮りました。
名前がわからない植物を見ると特にわくわくしますね。
4年前の気持ちが蘇りました。

空き地に生える植物はほぼ雑草と呼ばれるものばかりです。
でもそれらにもちゃんと名前はあるのです。
それを調べるのが空き地ウォッチングの醍醐味なのです。
特に珍しいものが見つかったわけではありませんが、興奮のせいか100枚を超える写真を撮ってきました。
満足いくように紹介するには1回じゃ済みそうにありません。

とりあえず今日の分。
昨日のように綺麗な花とはいきません。
150704ドクダミ
近所の空き家になった家脇にドクダミが・・・

150704ドクダミ2
我が家にも引っ越してきた時からドクダミがありました。
撲滅しようと努力していますが、いろんなところに蔓延って、ついに裏庭からお隣まで侵入しています。

150704タンポポモドキ
さて、いま空き地はこの花でいっぱいです。
タンポポモドキと呼ばれていますが正式名称はブタナです。
どっちもひどい名前ですよね。
ブタナはフランス名の「豚のサラダ」来ているらしいです。

150704ヘラオオバコ
オレンジ色はコウリンタンポポ
左の天使の輪をかぶったような植物はヘラオオバコ

150704コウリンタンポポ
ブタナコウリンタンポポ

150704公園
ここはかつて私がデージー公園と呼んでいたところなのですが、デージーが見当たりません。
それこそ一面デージーだらけだったのですけどね。

150704デ^ジー
中に入ってみると、ありました。
でも、さびしい限りです。

150704空き地
何てことない空き地ですが、濃い紫色の小さな花が沢山見えませんか?

150704スミレ
はい、スミレでした。

150704ノゲシ
この空地の隅のほうにこんな植物が・・・
タンポポの花に似ているのはノゲシのようです。
隣の黄色い植物がわかりません。

150704キレハイヌガラシ
アブラナ科ではないかと思いいろいろ調べてみました。
久々に野草の図鑑を調べていることにわくわくしてきました。
イヌガラシかと思いましたが葉っぱの形が違います。
もう1冊の本で見つけました。
キレハイヌガラシではないかと思います。
葉の切れ込みが似ています。
ただ、花の感じに確証は持てません。
また明日よく見てきます。

150704アカバナ
最後にポツンと立っていたアカバナです。

明日はもっとエキサイティング!
自分だけかもしれませんが。


EOS 5D Mark II
EF70-200mm F4L IS USM
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

エキサイティング!

近所の美しい園芸品種もいいですが、個人的には空き地の植物にエキサイトします(^^;)

ブタナの群落は見たことがありますが、コウリンタンポポが野生化したところは未見です。
なかなか野趣があっていいですね。
ヘラオオバコ、天使の輪がだんだん上に上がっていくのがユーモラスでおもしろいんですよね。

こちらでも駐車場などにこぼれ種から芽生えたビオラが咲いていることがあります。
花壇で見るよりかわいらしく見えるのはなぜでしょう。

アカバナ、咲いている時は目立ちませんが、種がはじけるとなかなか味わい深いです。
育てていたのにいつのまにか消えてしまいました。しくしく。
空き地写真、これからも期待しています!

楽しさも復活

同調していただいてうれしいです。
こちらでは時としてコウリンタンポポは大群落をる来ることがあります。
http://blog.goo.ne.jp/3sen6gou/e/75cf5b2976ec79440594ffa26162cc65

私も庭に出てきたアカバナを咲かせたことがありますが、
その後が大変で現在は完全雑草化しています。
北海道ならではの空き地植物頑張ります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。