グラウカとカラフトイバラ

ロサ・グラウカの実が赤くなってきました。
このグラウカは2004年に小さな実生苗から始めてここまでになりました。
年々、木は大きくなり花数も増えました。本当に成長が早いです。
来年はもっとたくさん咲くでしょうね。

グラウカ02

グラウカは花も素敵ですが実がこれまたきれいなのです。
表面はつるりとして光沢があります。これがいずれ真っ赤になります。

グラウカ01

さて、今度はカラフトイバラです。
去年は鉢植えから地植えにして1年目でした。花はほとんど咲きませんでしたが新しい枝が次々出て一気に大きくなりました。
今年は期待通りたくさんの花が咲きました。(6月15日)

カラフト03

このバラは枝先から順に花が咲いていきます。花期も長くて原種にしてはお得な感じです。
結実率はほぼ100%といっていいと思います。ちょっと細長めのつるりとした実がつきます。

カラフト01

枝振りがしなやかなので、しなだれてなかなかいい風情です。
今年はさらに新しい枝が次々と出ています。この枝たちをどう整理したらいいのかちょっと悩ましいところです。

カラフト02

もう少ししたらもっと赤くなります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。