ちょっと地味めに

さわやかな暖かい日が続いています。でも朝晩は半袖では寒いくらいです。
植物たちにとってはもっとも気持ちのいい気候でしょう。
この時期のpotato庭ではあまり派手な植物は咲いていません。
最初の写真は立ち性のクレマチス ヘラクレイフォリア 'チャイナ・パープル'です。
細い筒状の先端を反り返らせるように咲いています。よく見るとちょっとユーモラスですね。
花の大きさは普通のクレマチスとは思えないほど小さくて一見クレマチスには見えないかもしれません。草丈は現在50cmくらいかな?立ち性ですがやはり支えがないとちょっと不安です。
クレマ01これは今年、ブーママさんからいただいたものです。
他にもいろいろいただいているのにちっとも紹介していませんでした。

さて、次はヒューケラ ’パレスパープル’ Heuchera 'Palace Purpule'
ずいぶん古くからあるヒューケラです。邪険に扱われてあっちへ移動こっちへ移動を繰り返してきました。最近はここに落ち着いていますが、周囲から押されぎみで窮屈そうです。
うえから細長い葉で邪魔をしているのはちっとも咲かないシランです。フッキソウもかなり迫っています。もうちょっといいところに出してやりたいのですがね~、なかなか。
ヒューケラ01ヒューケラは他にもいくつかあるのでいずれ紹介したいと思います。

さてこれはベロニカですがロンギフォリアかな?そこそこの大きさになってきました。
これは一応目立つ道路ぎわに植えています。やや腰が弱くて倒れやすいのが難点かな。
ベロニカ01ベロニカは他に春に咲くゲンチアノイデス、7月で花が終わってしまったファーシネーションがあります。他にルリトラノオと思われるのもあります。
今時期はブルー系の花が多いような気がします。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。