ヨモギ

ヨモギの名を知らない人はいないと思う。
春の若い芽を食用にしたり、薬草として使われたり、はたまた「もぐさ」としてお灸にも使われてきたので名前は誰でも知っている。
ところが、ヨモギの花はどんな花と聞かれてすぐ答えられる人はいるだろうか。
キク科でありながら舌状花を持たず、実際いつ咲いていつ終わったのかもわからない花である。
ヨモギは昆虫などの手を借りて受粉するタイプの花と違い、花粉を風で飛散させる「風媒花」なので大きくてきれいな花を必要としない。
このようなタイプの花には花粉症の原因となるものが多いようだ。
ヨモギもフタクサと並んで花粉症の原因植物として知られている。
ヨモギは意外と種類が多く、北半球では250種、日本では35種ほどあるそうだ。

オオヨモギ(大蓬) キク科ヨモギ属
別名:エゾヨモギ、ヤマヨモギ
普通のヨモギに比べて大きく草丈は150cm~200にもなる。
茎は太く直立し、葉も全体的に大きい。
北海道に生えるヨモギのほとんどはオオヨモギであり、エゾヨモギの別名もある。
DSC02592オオヨモギ
道端、空地、山などどこでも見られる。
環境がいいと人の背を軽く超すものも少なくない。

DSC03826オオヨモギ
私はこれが普通のヨモギだと思っていたのだが、
これがオオヨモギだと知ったのは意外と最近のことだった。

DSC03172オオヨモギ
これで咲いている。
よく目を凝らしてみてみると黄色い糸状のものが見えるが、どうやらそれが雌しべらしい。
その内側に黄色い突起が見えたらそれがオシベということだが、この写真では判別が難しい。
NEX-3でそこまでの撮影は難しい。
マクロレンズが必要だ。


ヨモギ(蓬) キク科ヨモギ属
旭川新道を散歩していて普段見るオオヨモギに比べて明らかに小さなヨモギによく似た植物を見つけた。
草丈は腰のあたりなので70cm~80cmくらい。
茎はほっそりしていて葉も小さく細い感じだ。
これがヨモギなのかとその時思ったものだ。
気を付けて歩いていると時折同じものを見つけられることがわかった。
DSC04506ヨモギ
別々の写真だとオオヨモギとの比較ができないのが残念。
葉っぱの大きさは明らかに違うし、やや細くとんがった感じだ。

DSC04500ヨモギ
葉っぱを撮影しようとしたのだがピントが目的のところに合わなかった。
まあこれでも違いが分かっていただけるだろうか?

DSC04433ヨモギ
花自体変わるところはない。
茎がほっそりしているところがやや違う。


ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) キク科ムカシヨモギ属
ヨモギの名があるので一緒にしてしまったが、ヨモギの仲間ではない。
ムカシヨモギに比べて花が小さいのでこの名がついた。
ヨモギと違い目立たないながらも舌状花が存在する。
雑草中の雑草と呼べるような植物で、街中の車道と歩道の隙間やアスファルトの割れ目などでも逞しく育っている。
環境が悪い中では草丈が小さいこともあるが、よい環境を得ると人の背丈ほどにもなる。
ヒメムカシヨモギをネットで調べているとよく似たオオアレチノギクとの鑑別が出てくる。
幸いなことにオオアレチノギクは関東以西での自生ということでほっとしたところである。
DSC02540ヒメムカシヨモギ
街中での代表的な姿だ。
ここは元パチンコ屋の駐車場だったところだ。

DSC03862ヒメムカシヨモギ
空き地ではこんな感じ。

151026ヒメムカシヨモギ01
白いところが花びらだ。
舌状花なので花が終わると綿毛になる。
NEX-3でもうまく撮れていることもあるようだ。
相当トリミングしているがピントさえ合っていれば何とかなるようだ。

昨日から雪が降り始めた。
今朝はうっすら積もっていたが、午前中には消えてしまった。
そろそろタイヤを履き替えなくては。


SONY NEX-3
E18-55mm F3.5-5.6
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ヨモギとはまた渋いところに・・・

私もオオヨモギをヨモギだと思っていた節あり。ヨモギの方が硬い感じ?茎の色も違う
ようですし、見分けはつきそうですね。
ヒメムカシヨモギは綿毛になるとちょっとかわいいんですよ。
うちの近所でも手入れが行き届かない駐車場なんかで見かけましたが、だんだんそういう
ところもマンションなどになってしまって、雑草観察を楽しめる場所が少なくなり残念です。
ブタクサ! 先日河原に行ったら以前はみかけなかったのに繁殖していました。
春だけの花粉症だと思っていたら最近どうもおかしいのですが、ブタクサのせいかも!

No title

渋いのいっぱいありますよ。
それをどうやって織り交ぜていこうか思案中です。

普通のヨモギは少ないと思っていましたが、
昨日国道40号線を歩いていたらその歩道脇にヨモギが延々と生えていました。
全部普通のヨモギでした。

ブタクサは嫌ってほどどこにでもたくさん生えてます。
花粉が飛ぶのは春が一番ですが、見ていると夏も秋も次々と新しいのが出てきているみたいです。
そこそこ花粉か飛んでいるのではないでしょうか。

ブタクサでネット検索して驚いたことですが、
半分くらいはセイタカアワダチソウの写真が出てきます。
その写真に堂々とブタクサと書かれていてびっくりしました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。