石狩川下流から

石狩川沿いを歩くときは一番近くの秋月橋を中心にして、上流側か下流側へ橋二つ程度までを範囲としてきた。
今日はいきなり秋月橋から約5km下流の旭西橋から秋月橋まで戻ってくるコースを歩いた。
通過する橋の数でいうと、
旭西橋ー新橋ー旭橋ー金星橋ー花咲大橋ー秋月橋と
6つの橋を踏破したことになる。
距離にして往復で10km、プラス秋月橋から家までということになる。

実は、今日は川を歩く予定ではなかった。
自衛隊敷地にあるカラマツ林の撮影が目的だったのだ。
しかし、行ってみて大いに当てが外れた。
151103石狩川下流01
予定では午前中の日差しが背後から照り、色づいたカラマツの逆光写真が撮れるはずだった。
ところが、カラマツ林の背後に常緑の松並木(トドマツか?)があってカラマツに光が当たるのんを遮っていたのだ。
カラマツ自体はほどよく色づいていたのに。

151103石狩川下流02
背後の常緑の松が切れたところではいい色を見せているのに。
このままでは気が収まらなくて、かなり遠いがこの先にある石狩川の下流へ行ってみることにした。

151103石狩川下流03
旭西橋から下流を見る。
函館本線の鉄橋が見える。
塔が立っている山が嵐山だ。

151103石狩川下流04
こちらが旭西橋から上流側を見たところ。
ここから上流へ向かって堤防や河川敷を歩いてゆくことにする。

151103石狩川下流05
河川敷の歩道をランニングする人が圧倒的に多かった。
秋月橋付近はウォーキングの方が多い。

151103石狩川下流06
今日は天気が良かったので、親子連れで歩く人や車いすを押す人も。

151103石狩川下流07
河川敷の公園。

151103石狩川下流08
旭川のシンボル、旭橋。
石狩川に架けられた橋としては最も古い橋だと思う。
過去何度か架け替えられたそうだが、現在の橋は昭和7年、当時としては最新の技術を駆使して鋼鉄製の橋が作られた。

151103石狩川下流09
旭橋から金星橋に向かう途中、堤防に生える大きな柳の木。

151103石狩川下流10
金星橋とポプラ。

151103石狩川下流11
金星橋近くの河川敷にあるハマナスのボーダー。
長さが200mくらいある。
花の時期に見に行くのが楽しみ。

151103石狩川下流12
花咲大橋近くの堤防の外にあるポプラ。

151103石狩川下流13
やっとホームグラウンドの秋月橋に到着。
約2時間半の散歩が終了に近づいた。
まだ家まで1km近くある。

好天も手伝って今までにない距離を歩いた。
自宅についた時点で歩数計が18800を表示した。


SONY NEX-3
E18-55mm F3.5-5.6
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。