空地ベスト5 第5位 混然一体

今年の夏から、自宅を中心に半径2~3kmの範囲で歩き回り道端や空地や河川敷で植物の写真を撮ってきました。
その中から、植生が豊富だったり、珍しい植物があったり、植物の生育状況が見事だったりした空地のベスト5を決めてみました。
今回はあくまでも平地で家が建てられそうな場所ということで、道端や河川敷は対象外としました。

それでは第5位です。
151113空地ベスト5_04
ここは実高通り(正しくは末広高台通)から実業高校、鷹栖神社を過ぎたところにある空き地です。
住宅地の中にある空き地としては植生が豊富で、イタドリ、オオハンゴンソウ、オオイヌタデ、マツヨイグサそして奥の方に大きなセリ科植物も見えます。
これが何なのか来年調べたいと思います。
写真を見て、もっと探索すればよかったと思っている場所のひとつです。

151113空地ベスト5_03
少し寄った場所にはオオイヌタデの群生とツユクサが群生していました。
ツユクサの写真はいずれツユクサの記事の中に出てくると思います。
少し奥に背の高い植物はオオヨモギでしょうかね。


番外編
151113空地ベスト5_05
ここは旭川新道から春光台に上がる道の一つですが、その上り口のところです。
元々は木や笹が生えていたと思われますが、露地にしたせいでこの景色が生まれたと思われます。
もう少し後の方がもっとカラフルになったかもしれません。
ただ、山の斜面で平地ではないので今回の対象から外しました。

151113空地ベスト5_06
上写真のちょっと右横の住宅に近いところです。
オオアワダチソウ、オオハンゴンソウ、ヨツバヒヨドリ、ヤマハギなどが見えます。
生き生きした植物たちの様子が素晴らしい。

これから4位、3位と上位も楽しみにしてください。
ただし、土曜日、日曜日は出かけていますのでもう少しお待ちを。


SONY NEX-3
E18-55mm F3.5-5.6
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。