キカラシ

長い夏休みを取っていたら9月になってしまいました。
1か月以上何も書かないと広告が出て見づらくなっていたと思います。
実は、前の記事「通勤路の風景」のときに、すでに次の写真を用意して下書き保存をしていました。
遅ればせながら(遅れすぎ)今日それを、出しておきたいと思います。

以下の写真は5月30日撮影です。
この風景は旭川空港から就実の丘へ向かう途中の風景です。
この時期にこの場所を通ったことがなかったので、この景観を見たときは圧倒されました。
黄色い花はキカラシだと思われます。
160530キカラシ02
キカラシは緑肥として種をまき、花が咲いたのちにトラクターで土にすきこんでしまいます。
以前、10月頃にその風景を見たことがあります。

160530キカラシ03
春にはそのこぼれ種から広がったのでしょう。道端や空き地などでも群生しているのを見かけます。
この辺りの道端にもたくさんのキカラシが咲いていました。
ただこの場所が種まきしてできたキカラシの原なのかはわかりません。
というのは、かなりの割合でその他の雑草と同居しているからです。
それにしても広大な面積です。

160530キカラシ05
花は菜の花とそっくりです。
そこでキカラシと菜の花はどこが違うのかと調べてみました。
はっきりした鑑別点は葉っぱですね。
菜の花が大きな幅広の葉っぱなのに比べ、キカラシの葉には細かい切れ込みがあります。

160530キカラシ04
就実の丘に上がる途中の開けたところから撮影。
黄色以外の緑や茶色なところは他の植物です。


EOS M3
EF-M18-55 IS STM
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。