ゲラニウム ブラックビューティー

待望のゲラニウムが咲きました。
待望といっても特に珍しいとか栽培が難しいというわけではありません。
春咲くものを春に苗を植えたので、時期はずれに咲いたというわけです。
それにしても植え場所が悪かったのか生育が思わしくなくて心配しました。
有機質を十分入れたつもりでしたが、日当たりのせいか土がちょっと乾燥しすぎだったかもしれません。名前はゲラニウム・プラテンセ・ブラックビューティー(Geranium pratense "Black Beauty")
銅葉に赤い茎、花は少し赤みがかった深い色のブルーです。
背丈はプラテンセよりやや低いです。
ブラックビューティ01

プラテンセの銅葉種は近年発見されたプラテンセ・ビクターレイター(Geranium pratense "Victor Reiter")を元とします。このブラックビューティもビクターレイターから花色が濃いものを選抜した選抜種です。
ブラックビューティ02

potato庭にはこの"ミッドナイトブルー"という花色が濃くて銅葉の選抜種がもうひとつあります。
花色はともかく銅葉はどうかな~、葉の縁がちょっと赤い程度でブラックビューティとは比較になりません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。