10月から

今年の10月は何かが始まる月のようです。
テレビでは9月末からのスペシャル番組が終わり新しい番組体制がスタートしました。
わが市では正式に地デジが始まりました。
ただ我が家のハイビジョンテレビには地デジチューナーは内蔵されていません。残念!

しかし、全国的に10月から始まったといえば福田内閣と郵政民営化でしょう。
今日、前安部政権から一ヶ月もたたないうちに二度目の所信表明演説です。
前内閣とあまりのトーンの違いに戸惑いを持つ人も少なくなかったのではないでしょうか。
何を信じてこれからの政治の行方を見つめればよいのかわからなくなってきます。

くしくも同じ日に小泉政権が成し遂げた郵政民営化がスタートしました。
政治家の口から出る崇高な理念も、いざ行政のフィルターをくぐり抜けると末端に届いたときには陳腐な代物なることも少なくありません。
郵政民営化はそんな危機もはらんでいます。
これからが注目です。

さて、我が家では痛んできた屋根を修理することにしました。
足場を組むためには家脇の庭の一部を使わなければなりません。
資材を運び入れるための通路も確保しなければなりません。
大事な植物は掘り上げて移動することにしました。
10日以内にその場所を確保しなければなりません。やれやれ。
散歩02
散歩中に見つけた、ど迫力の物置壁画です。
夜など街灯の光でこんなのを見たらぎょっとするでしょうね。
右のベージュの壁の家がここのお宅のようです。
そのベージュの壁にも壁画がありました。
散歩03
あの物置壁画とのギャップの大きさは何でしょうか。
こっちはほのぼのウェルカムな感じです。
思わず左右見比べてしまいました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ホント、すごいギャップですね。
きっと、奥さんとだんなさんで分担したとか。
お母さんと息子が分担したとか。
どちらがどっちを・・・は分かりませんけど。

家の補修で人が出入りするのは心配ですよね。
うちでも屋根や壁の塗装に人が来るたびに植物が折られたりペンキを落とされたりしています。
そして毎回「絶対許さん!いつぃかきっと業者を変えてやる!」と思うのです。
残念ながら・・・今はその権限がありません。

そうですね同一人物が書いたとは思えないですよね。
母屋のほうは気に入りました。
私のうちにもお願いしようかな。

屋根の補修は想定外のところにまで踏み込まれると困るのです。
作業エリアは狭いのですけどね。
日が短くなったので今度の連休でけりをつける予定です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。