文体で迷う

このブログは「です・ます調」で書いています。
それは「です・ます調」のほうが語りかけの言葉なので明るく感じると思うからです。
しかし、実際は「だ・である調」で書いてしまうことが多く、後で「です・ます調」に変えます。
それなら最初から「だ・である調」にすればいいのじゃないかと思うわけですが、実際にやってみると、どうしたことか、いつの間にか「です・ます調」で書いているのです。

どうやら私は自分自身のことや自分が思うことを書くときは「だ・である調」になり、見たままを伝えるときは「です・ます調」になるようです。
<バラの花が咲いた。とても綺麗である。>よりは
<バラの花が咲きました。とても綺麗です。>のほうがいいと思うわけです。
ところが自分自身のことを書いた今日の文章は
<このブログは「です・ます調」で書いている。>と実際は書き始めています。

この二つのタイプの文が混じると非常に妙な文章になります。
結局は強引に「です・ます調」に変換しているのが現状です。
HPのコンテンツも「です・ます調」で統一していますが、実際は「だ・である調」から変換することがかなり多いのです。
いっそのこと思い切って「だ・である調」に変えようかとも思うのですが、ここまで来るとなかなか踏ん切りがつきません。
散歩04
散歩の途中、水道管やガステーブル、シンクが打ち捨てられているのを見つけた。光物が好きな私は吸い寄せられるようにそちらに近づいていった。シンクのステンレスにカメラを向けると、ファインダーの中には黒く歪んだ自分がいた。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

私もそうです。
統一しようとするとやはりあとで直す部分が出てきます。
なので始まりの部分はです・ます調、
写真のあとの最後の部分はである調・・・でいいや、なんていうこともあります。

あはは、やっぱりおなじような人がいましたね。
この文体というのは気になりだすといつまでも気に入った形になかなかならなくて、いつまでもいじってしまうことがあります。
アップして次の日もまだいじっていたりして、自分でもあほかと思います。

えーっ potatoさん そんなに悩んでるんですか
ブログからは そんな事は 微塵も感じられないです

私は文章を書くのが苦手だから 
本音を言えば、ブログするのも 
コメントの返事を書くのも苦手なんです
こんな事言っちゃ悪いのですが・・・
よく 自分でもブログが続いてると思います

ブログってBBSみたいに 皆でワイワイとならないですね
何故か、管理人と書き込みする人の1対1の会話になってしまう
BBSに慣れた私は、ちょっと寂しい気がします

「そんなに」といわれるほど悩んでいるわけではありませんが、そこそこ苦労しています。
苦労ついでに、今日は遅筆について書きました。
むしろこちらのほうが悩ましいのです。

ぽんさんの文章は簡潔にまとまっていて、こういう風に書きたいな、といつも思っていますよ。

>ブログってBBSみたいに 皆でワイワイとならないですね
そう、それもあって私はブログに手を出さないぞと決めていたのですが・・・。
BBSと二股に分散するのも気になっていたのです。
ぽんさんのところはブログが最初だったので、BBSが動かないのかもしれませんね。
BBSって投稿者が最初になるのでエネルギーが必要です。
それにいつも動いていないと書きにくいものですから悪循環しますよね。
ぽんさんのところはブログへの書き込みはたくさんあるので、BBSへの書き込みをお願いするってのはどうですか。

ところでかの「もう」氏のところは相変わらずすごいですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。