「もみじ」と「こうよう」

「紅葉」という漢字には、「もみじ」「こうよう」という読み方があります。
「もみじ」は木の種類、「こうよう」は木の葉が赤くなることを指しているように思えます。
そもそもこの言い方は、どちらが先でどのように意味が使い分けされるようになったのでしょう。
そこでまたまた調べてみました。
---------------------------------
そもそも昔から、木の葉が赤くなったり黄色くなったりする現象を「もみつ」とか「もみづ」とか言っていたのだそうです。
その連用形で名詞化したのが「もみち」です。
平安時代に入り、「もみち」は「もみぢ」と濁音化され「もみじ」へと変化しました。古くは「紅葉」ではなく「黄葉」と表記されることが多かったようです。
万葉集から
 秋山に落つる黄葉(もみちば)しましくはな散り乱ひそ妹があたり見む
                                          柿本人麻呂 
まあ、和歌についてはここをご覧ください。

私は「紅葉」という字と「もみじ」という読みが別なところから来て合体したのかと思っていました。
実は「もみじ」も葉の色が変わる現象を意味していて「こうよう」という音読みは近年になってついたと考えられます。
そして紅葉(もみじ)という木の名は葉の色が赤く変わる現象から、その代表的な木の代名詞としてついたと考えるのが妥当なようです。
紅葉01
斜向かいの紅葉です。
完全に赤くなるまでにはもう少し。
これは「もみじ」なんでしょうか、それとも「かえで」でしょうか?
明日は「紅葉」と「楓」を考えてみようかな。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。