紅葉と楓

 秋の夕日に  照る山もみじ
 濃いも薄いも   数ある中に
 松を彩る    かえでや蔦は
 山のふもとの すそ模様

小学校唱歌の「もみじ」の歌詞です。
ここに「山もみじ」と「かえで」の歌詞があります。
私にはこの二つがどう違うのかよくわかりませんでした。
それで、またまた調べてみることにしました。
-----------------------------------------
早々と結果を書いてしまいますが、植物学的には両者同じものとわかりました。
植物学的にはどちらもカエデ科カエデ属でイロハモミジ、ヤマモミジ、イタヤカエデ、ハウチワカエデなどたくさんの種類がありますが、正式にはすべて「カエデ」です。学名は[Acer]で裂けるの意味があります。

それでは一般的には「もみじ」と「かえで」はどう使い分けるのでしょう。
実を言うと、この呼び方の違いはこうというはっきりしたラインがあるわけではなさそうです。
まず名前の由来を調べてみると
モミジ(紅葉・椛)
昨日書いたように紅葉(黄葉)した葉を「もみち」ということから来た言葉で元々はカエデ属のみに使われたわけではありません。それが次第に紅葉する代表であるカエデ属の名として使われるようになったという説があります。
カエデ(楓・槭)
「カエデ」は葉が深く切れ込んで蛙の手に似ていることから着いた名だといわれています。「楓」の漢字は中国から来たものですが、中国では「カエデ」ではなく「フウ」というマンサク科の樹木です。日本でカエデに漢字を当てるときに葉っぱの形がよく似た「フウ」の字を誤って当ててしまったのだそうです。現在、植物学では「槭」の字を当てるのが正式だそうです。

どうも由来だけではその使い分けがわからないようです。
それもそのはず、いろんなケースでその使い分けが違っているそうです。
まず盆栽の世界では、イロハモミジのことをモミジと言い、トウカエデのことをカエデと言います。
植木屋さんの場合はイロハモミジ、オオモミジ、ヤマモミジをモミジと呼ばれ、他のものはカエデと呼ぶのだそうです。また、それぞれの地方で同じカエデに対してたくさんの呼び名がありはっきりした区別は難しいようです。カエデ02

今日、旭川で初雪が観測されたとか・・・私は見ていません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。