まだガンバル

初雪が降った。何度か霜も降た。
バラはすべて切ってしまった。
でも、野原でもうちの庭でも、まだがんばって咲く花もある。
これはゲラニウム・バクストンズ・ブルー。
ゲラニウムは普通、春から夏にかけて咲くが、
これは夏の終わりから雪に埋もれるまでがんばっている。

夏ころは花色は赤味がかっていること多い。
寒くなる頃にブルーの本領が出てくる。
ゲラニウムではこういうはっきりした複輪の花はめずらしい。
青と赤の間を行き来する花を見ると
自然と「アントシアニン」という言葉が浮かんでくる。
いずれまた花の色素のことでも勉強してみたい。
近所では菊の花が頑張っている。

去年の写真を見ていたら11月13日は大雪だった。
今年はどうなるやら。
G_バクストン01
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おはようございます。
キレイな複輪ですね。我が家のゲラニウム・バクストンズ・ブルーは
こんな顔を見せてくれたことはありません。
本格的な冬の到来なのですね。

kaffeさん、こんばんは
kaffeさんもバクストンズ・ブルーをお持ちなんですね。
夏の暑さは大丈夫ですか?
そちらでは複輪になりにくいということですか。
ちょっと変わったゲラニウムでなかなか大きく育ちません。
こちらはもういつ本格的な雪が降っても不思議ではありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。