冬近し

今日はかなり厳しい霜が降りた。
朝の気温が-6.3℃。
カメラを持って外に出た。
軽装だったので寒くなって家に入る。
陽が上がるのを待ってまた外に出る。
また家に入る。
こんなことを3度繰り返した。

バケツの氷がげん骨でたたいても割れない。
幸いこれで死ぬような植物はあまり無い・・・はず。
でも、雪が無い状態で-10℃以下になると耐寒性が強めの宿根草でもやられてしままう。

今日は昼すぎになっても10℃に届かなかった。
寒い中で、先週刈り取ったバラ枝をシュレッダーで処理。
半分くらいやったところで暗くなってしまった。
いつもながらつらい季節。
こうなると来年の春を想像しながらやるっきゃない。
春よこい!
まだ早すぎるか・・・

霜02
厳しさと美しさには何か関係があるかもしれない。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ひゃ〜っ!

potatoさん、こんにちは。
思わずびっくりしてコメントします。
そちらはもうそんなに気温が下がっているのですね。こちらは朝に霜がまだ降りないギリギリのところなので寒いなんて言えないですね。
霜柱は立ったり溶けたりですか?そんな状態だと根が弱ってだめになりますよね。心配ですね、かえってどさっと雪に埋もれてくれたほうが安心だし庭仕事にあきらめもつきますね・・。
寒い中お疲れ様です、風邪ひきませんように。

ミントさん、こんばんは
この寒さは例年から見ても早いわけではありません。
昔から見ると冬が来るのがずいぶん遅くなりました。
雪の到来も冬の準備が終わっていれば歓迎なのですが、
私のようにまだだと、ちょっとまってね〜という感じです。
去年は11月13日に雪が積もりました。
最終的に冬囲いなどが終わったのは11月末でした。
今年もそんなことになりそうです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。