転倒の季節

ついに本格的な雪が降りだした。
強い寒波で一週間は降り続くらしい。
まさかこのまま根雪になることはないと思うが、ちょっと心配だ。

昼から気温は氷点下に下がった。
氷点下になると雪は地面で融けずに積もることになる。
帰る頃になると地面はつるつるに凍っていた。
転倒の危険を感じながら自転車をこいで帰ってきた。
また、転倒の冬が始まるな~と、過去の転倒経験が頭をよぎる。
転倒で怪我をしたことはないが、記憶に残る転倒が三度ある。

ひとつめは長男が生まれて間もないころ、どうして街に出かけたのか忘れたが、
私は長男を胸に抱いて歩いていた。
気をつけてはいたが、足元が見えにくいこともあり、氷のくぼみで滑って私は前に倒れそうになった。
このままでは子供が自分の下敷きになってしまうと、とっさに手を前に差し出した。
私はそのまま腹ばいに倒れ、両腕をしこたま氷に打ち付けた。
子供は私の腕から1mほど前に飛び出したが大事には至らなかった。
冷や汗が出た一瞬だった。

もう一度は、真冬の出勤時、急いでいた私は信号の交差点を渡ろうとして、
真後ろにステ~ン!と見事に転んだ。
周囲に何人かの目撃者がいた。
周囲の人たちの笑い顔が頭に浮かび、すぐに起き上がると急いで信号を渡りきろうとした。
すると後ろで声がする。
ちょっと振り返るとおばさんが私を追いかけるように迫ってくる。
恥ずかしさにさらに足を速めて信号を渡りきったところでまた振り返ると、
おばさんは何か手に持ってさらに追いかけてくる。
よく見るとそれは私の財布だった。
恥ずかしさで深々とお辞儀をしながらそれを受け取ると走るように職場に駆け込んだ。

三度目は・・・長くなるのでやめておく。
毎年、転倒でたくさんの人が骨折する。
スタッドレスタイヤになってからは車道が特に怖い。
冬でも滑らない靴を考えたらさぞ儲かるだろうと思う。

雪01
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

うわ〜!降ってる。
東京は「雪が降るともうすぐ春」ですから、ずいぶん違いますね。
ご長男を抱いて転倒は、怖かったですね。
生後間もなく1mジャンプした彼は、スキージャンプができるとか?
^_^;)

そんなに転倒者が多いところでも、転ぶと笑われちゃうんですか。
そんなもんか...
三度目エピソードのご披露をぜひお願いします。

冬の転倒は日常ですが、中には大怪我をする人もいます。
街では歩道をロードヒーティングにしている場所も増えました。
かなり大量のエネルギ消費でしょうね。

息子はこの事件を知ってかどうか雪の無いところへ行ってしまいました。
転倒を笑っちゃいけませんが、思わず笑っちゃうのもあることは確かです。
あまりに見事に転ぶと拍手したくなります。
三度目のエピソードですか?
冬は長いのでそのうち・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。