ペルシャンイエロー死す

今年は死んだバラがひとつもないな~と思っていましたが、
再度よ~く見てみるとペルシャンイエローから芽が出ていません。
耐寒性は十分あるバラなのでその辺は心配していませんでした。
どうしたことでしょう?
ペルシャンイエロー

考えてみれば去年はちょっと変だったかもしれません。
ご覧のようにこれまでにないくらいよく咲きました。
ところがその後の成長がかんばしくなく新しい枝が1本出ただけでした。
もともとあまり成長するタイプのバラではないので気にはしていなかったのですが・・・
もうちょっと様子を見ようとは思いますがまずだめそうです。
残念!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おはようございます。
うわー!見事な花ですね。それだけに残念ですね・・・
このバラの黄色は鮮やかで、プリムラなどとは違った感じですね。
バラに関してはまだまだ新米なのでわからないことばかりですが、
さしたる理由も見当たらず枯れてしまう、ということがあるというのは
経験済みです(もう!)。
そんな時は、潔くあきらめるしかないですね。
理由がはっきりしていて、しかも水切れなどあきらかに自分の手落ちの場合は
いつまでも引きずりますが・・・(T_T)

モダンローズの黄色の元になっただけあって、どの原種バラの黄色より色が濃いです。
中東の原種バラだけにちょっと普通とは性格が違う感じです。
きっとこのバラに合わないことをしてしまったかもしれませんね。
その辺がつかみきれないまま逝ってしまったというかんじです。
今度は一重のフェティダを買おうかと、もう次を考えていたりして・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。