新しいカメラ

ついにカメラを買ってしまった。
以前からCanon PowerShot S5ISとPanasonic DMC-FZ18に目をつけていた。
S5ISは以前5万円くらいの値札がついていたが、
先日見ると38000円になっていて、思わず手が出てしまった。

30Dがあるのになぜ中途半端なカメラを買うのかというと
30Dは、さあ撮りに出かけるぞというときはいいのだけれど
普段持ち歩くには大きすぎるし、重すぎる。
いつでもどこでもというならコンパクトカメラだがその中でも
画質が良いもの、望遠倍率が高いもの、手ぶれ補正があるものを探していた。

コンパクトというには少し大きいが30Dに比べるとかなり小さくて軽い。
30Dと比較してみた。
カメラ01

さすがに胸ポケットやズボンのポケットには入らない。
実を言うとこのブログの11月14日以降の写真はこのカメラによるものだ。
画質は30Dとは比べるべくもない。
やはりコンパクトカメラの延長線上にあることは明白だ。

コンパクトカメラ特有の欠点はどうだろうか。
それは紫が青く写るということだ。
たまたまうちに紫と青のペンが合ったので比較のために撮ってみた。
まず、S5IS。左から紫、青、紺の順だ。

色比べ01

背景が白い紙だったのでペンに露出が合わなかったことはある。
明るさだけを持ち上げた。
紫は何とかわかる程度には見えているが、本当の色ではない。
全体にくすんで見えるしコントラストが弱い。

試しに30Dでも撮ってみた。

色比べ02

撮影の環境条件は同じだ。
やはりこちらのほうが発色が良いし、紫もしっかり表現できている。
あと赤系もチェックしてみる必要がある。
赤やオレンジが色飛びしないか、ピンクが紫にならないかなど
コンパクトカメラの癖がどれだけ改善できているか見る必要がありそうだ。
しばらくは通勤にこのカメラを持ち歩くことにする。
でも時期が悪いな~、外はモノトーンの世界になってしまった。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

違いがよく分かりました。

やっぱり画質のよいカメラは違うんですね!

わたしはだいぶん古びてきたSONY Cyber-shotDSC-S75を使っています。
小さいコンパクトカメラよりは絞りがいじれていいけれど、ひょいと持ち歩くのにこれより重いのは困る、というあたりで買いました。
potatoさんの新しいカメラと近い (少し下) 路線かしら?

でも、庭のサルビア・ガラニチカを写すと青くなってしまう!
やっぱりよいカメラがほしい、といつも胸の奥に気持ちがたまっていましたが、こうはっきりと違いをみせつけられると納得してしまいました。
うーん、一眼デジタルがほしい、でも高い、重い…。

斑入り山吹さん、こんばんは
コンパクトカメラと一眼レフはではやはり大きく違います。
コンパクトは手軽でポケットなどに入れることができるので便利です。
しかし、よい画像をを求めて撮影するならやはり一眼レフにはかないません。
写真を撮影するという目的は同じですが中身はまるで違います。
コンパクトで画素数を多くしても値段が高くなるばかりで画質が良くなるわけではありません。

軽くて安い一眼レフもありますよ。
入門機として最適です。
一番軽い一眼レフはオリンパスのE-410かな375g(レンズ別)です。
私が今回買ったPowerShot S5ISの450gより軽いです。
レンズをつけてもさほどの重さにはならないと思います。
ちなみに私のEOS 30Dは700gです。

値段が安いというならニコンのD40(475g)がお勧めです。
ネット通販で買えば今なら4〜5万円台(レンズ付き)で買えると思います。
つけるレンズで値段が変わります。
写真はどんなに高いコンパクトカメラよりいいですよ。

ありがとうございます。

具体的なアドバイスを、ありがとうございます。
少し前向きに考えたいです。
でも、その前に薪ストーブの導入を検討中で…。
(薪ならいくらでもあるので。)

薪ストーブですか、懐かしいですね。
昔はうちにもありました。
薪は柔らかな暖かさがいいですよね。
いまはどんなストーブなのでしょうね。

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/prfieeel/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/prfieeel/?mode=edit&

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。