師走

12月に入っていきなり二日間ブログをお休みをしてしまった。
1日は早速の忘年会だったが、昨日と今日は野球の北京オリンピック予選の応援だ。
緊迫の試合にちょっとしびれた。

12月になると宴会が多くなるのでこのブログもお休みが増えるかもしれない。
と、言い訳けを言ってみたが実情はネタ切れと写真切れか?
とはいえこのまま終わるわけに行かないので、師走という言葉について調べてみた。

日本には睦月から始まる独特な月を表す言葉がある。
元々は陰暦を表す言葉だが、現在の暦でも使われことが多くなった。
さて以下は「語源由来辞典」というサイトからの引用。

師走は当て字で、語源は以下の通り諸説あり、正確な語源は未詳である。
師走の主な語源説として、師匠の僧がお経をあげるために、東西を馳せる月と解釈する「師馳す(しはす)」がある。
この説は、平安末期の「色葉字類抄(いろはじるいしょう)」に、「しはす」の注として説明されている。
現代の「師走」と漢字の意味も近く、古い説であるため有力に思えるが、「師馳す」説は民間語源で、この説を元に「師走」の字が当てられたと考えられる。
その他、「年が果てる」意味の「年果つ(としはつ)」が変化したとする説。
「四季の果てる月」を意味する「四極(しはつ)」からとする説。
「一年の最後になし終える」意味の「為果つ(しはつ)」からとする説などがある。


師とは僧のことだったかと今知った。
昔、教員だった父が師走なのにちっとも忙しそうではなかったことに疑問を抱いていた。
だって、12月20日頃には冬休みが始まるのだ。

現在の私は以前に比べるとちっとも忙しくはなくなったが、
それでも今まで先延ばしにしてきたことを、年内に片付けなければと思ってしまう。
でも実際は思うだけで、年末の大掃除も簡単に済ませてお茶を濁すことが多くなった。
昔は我が家でも季節ごとの行事がたくさんあったな~と今更ながら思い出す。

突硝山01
4月の突硝山にて
師走についてはこんなところももあったことをお知らせしておく。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。