寒さの記録

今年は、1月に入って急に寒い日が続けてやってきた。
それで先日、気象庁のサイトで過去の旭川の気温の記録を調べてみた。
先日、1月19日に-25.7℃を記録したが、
旭川で-25℃を超えたのは2001年以来で7年ぶりのことだった。

106年前の今日、1902年1月25日旭川氷点下41.0℃を記録した日だ。
この記録は日本の最低気温の公式な記録として知られているが、
気象庁内の公認記録は違うのだそうだ。
気象庁ではこの旭川の記録を超える観測をいくつか公認している。
1931年1月27日北海道美深町-41.5℃を観測している。
これは気象庁が観測業務を委託していた区内観測所での記録であり、
気象庁内での公認記録だそうだ。
非公式ではあるが同じ日に北海道歌登町の北海道森林気象観測所で-44.0℃が観測されている。

もうひとつは私も記憶がある幌加内町母子里の北海道大学雨竜演習林内で記録した-41.2℃
これは気象庁も戦後では日本で最も低温だった日として公認している。
ところが驚いたことに実際は同日に-44.8℃を観測していたのだそうだ。
それがどうして公認されないのかはよくわからない。
(調べたところ-44.8℃はデジタル温度計だったため公認されなかったそうだ)

さて話は1902年1月25日に戻るが、
この日が八甲田雪中行軍遭難事件と重なっていることを今日初めて知った。
当時軍は緊張関係にあったロシアの厳寒地を想定して雪中行軍の訓練を計画した。
行軍は1902年1月23日から1月27日まで、
猛吹雪と寒さによって210名中199名が死亡した。
これは現在でも、冬山史上最大の死亡遭難事故だそうだ。
こ日の北海道の気温から考えるに、
このとき日本の観測史上でも最も強い寒波に見舞われていたのだ。
その2年後日露戦争がはじまった。
この経験がどう生かされたのだろうか、少なくとも冬の寒さの恐ろしさだけは身にしみていたに違いないと思う。

ちなみに世界最低気温の記録は南極ボストーク基地の-89.2℃(1983)
南極以外ではロシア サハ共和国 オイミャコンでの-71.2℃(1926)だそうだ。
ちょっとケタが違う!
石狩川06

明日もしばれそうだ。
さっき11時で玄関先の温度計は-18℃だった。
朝は何度になっているやら。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

はじめまして

こんにちは、いつも見に来てます。これからも遊びにきますね。

はなさん、はじめまして
いつも見ていただいてありがとうございます。
それにしても、ずいぶん古いところにくっつきましたね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。