原種は地植え

4月後半と5月の初旬に暑い日が来てしまったので、何となく今のほうが寒く感じる。
実を言うと当初は大丈夫だと思っていた鉢バラがその後不調に陥るものが続出している。
このことが何となく気持ちを寒くする。
現在、10本くらいが死に、10本くらいが生育不良状態だ。
この中にはルゴサもある。
冬の備えが不十分だったところに今年の厳しい寒さが追い討ちをかけたか。

いまワスレナグサが満開だ。
オダマキも咲き始めた。
ゲラニウムもピレネカムなどの早咲きのものが咲き始めた。
もう少しすると地味な野草やゲラも次々開花する。
バラは早咲きでも6月だ。
うちの庭はこの時期に咲く花が少ないのでまだ寂しい。

鉢バラは原種も不調になっている。
やはり原種は地植えにしなければいけないかなと思う。
しかし、我が庭に植えるところはない。
そこで、いま誰かにもらってもらうことも検討している。
広いところでのびのび育てられれば言うことはないのだが。

08ワスレナグサ02
いつの間にか白いワスレナグサがでてきた。
なかなか清楚でいい感じだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。