花華

去年、「ハマナスからお酒」で紹介した「花華」というお酒が手に入った。
去年は入手しようとした時にはすでになくなっていた。
今年は6月1日に発売という情報を聞いてあらかじめ予約しておいたのだ。
細身のピンクのボトル、容量は500mmlで950円。
安くもなく高すぎもせず、まあまあの値段だ。

なんでこんなに一生懸命にこの酒を手に入れようとしたか?
それはこの酒がハマナスの花酵母によって造られたからだ。
製造元は釧路の福司酒造。
そもそも酵母という微生物の中でも日本酒に適したものは数が少なく、
さらに、寒さに弱いアルコール酵母をハマナスの花から抽出するということは
ほとんど奇跡に近いことだそうだ。
それをやってのけた福司酒造はエライ!

そうは言ったものの酒がまずくちゃ何にもならない。
さっそく味見をしてみた。
とりあえずは常温のまま。次に氷を入れて。
飲み口は柔らかくてまろやか。
やや甘めのあっさりタイプといったところか。
お酒としてのコクのようなものはあまりない。
完全に冷やして飲むお酒だと思う。

常温で独特の香りがある。
これを花の香りといえなくもない。
そう考えるとハマナスの香りに思えてきた(かなりこじつけ気味だが)
手に入れようという方はこちらからどうぞ。
数量限定なのですぐに売り切れる可能性がある。

08花華01
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

1人だけで飲むのですか!!!

飲んでみたい?

興味はある!

けれども代金よりも送料が高くなってしまいます...
名前とボトル、ラベルのセンスがいいなと思いました。^_^)

むむ・・・我慢します。

バラ友さんへのお中元用に少しまとめて取り寄せてみます ^ ^

>ぴぴんさん
1本だけ取り寄せるのならそうなりますね。
最近のお酒はネーミングもボトルもおしゃれですね。

>ロンちゃん
遠慮しなくてもいいですよ。
大勢に振舞えるほどはないですが。

>あっちゃん
まいど、ありがと~ございます~、って私は何の儲けもないのですけどね。
話のネタということでぜひお試しください。

それでは一杯やりますか!!!

>ロンちゃん
了解です!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。