ロサ・キンナモメア咲く

ロサ・キンナモメア(Rosa cinnamomea)が咲いた。初咲きだ。
いかにもハマナスの仲間なのだな~という花姿だ。
花のサイズは7、8cmもあろうか。
ハマナスにやや似た香りがするが強さはそれほどではない。
木は直立性、葉は全体にやや丸く、特長的な形をしている。

バラ属には4亜属10節の分類学上の区別がある。
キンナモメア節はこのロサ・キンナモメアを中心としたグループだ。
特徴は枝が赤くなること、そして大きめな紫紅色の花が咲くことだ。
仲間にハマナスやタカネイバラ、カラフトイバラなどがある。

英名がシナモン・ローズでお分かりのとおり、名前は香辛料でおなじみのシナモンに由来する。
花の香りがシナモンなのではなく、シナモンローズの枝色がシナモンスティックに似ていることからついた名前だということだ。
植物の世界では良くあることだが安易な名づけ方だなぁと思う。
これから他のキンアモメアのバラとの比較をしてみようと思う。

08ロサキナモメア01

今日は久々に晴れた。
空気は乾いていてすがすがしい一日だった。
これからしばらくのこの天気が続くそうだ。
バラも次々開花しそうだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。