縞々トリオ

今日は朝から1日中、快晴が続いた。
ひょっとしてこれだけの晴れ方は今年初めてかも。
日中は28℃近くまで上がったようだが、夕方外に出るとひんやりした風が流れていた。
やっぱり北海道だなと思う。

バラも次々開花して紹介しきれないほどだ。
我が家には縞模様のオールドローズが三本ある。
まず縞々トリオの最初は、ロサ・ムンディ(ガリカ)。
ガリカローズは幹が細くて弱々しいので花が咲くとすぐに曲がってしまう。
その割には一枝に三つほど花をつけるので重たそうだ。
またの名をロサ・ガリカ・ヴェルシコロール。
ひらひらした花びらと真ん中のぽちんとした雌しべが特徴的だ。
08ロサムンディ01

次がオノリーヌ・ドゥ・ブラバン(ブルボン)
最初買ったラベルにはホノリンデ・ブラバントと書いてあった。
まだ知識の浅い私は真面目にネット検索してみたが、あるわけはない。
スペルがHonorine de Brabantなのでローマ字読みすればわからないことはない。
本来はフランス語の名前だ。

ロサ・ムンディに比べて色が浅くやや紫がかっている。
花はカップ咲き、花びらは丸弁でやや外にめくれている。
触るとベルベットのように柔らかい。
08オノリーヌドブラバン01

三つ目はヴァリエガータ・ディ・ボローニャ(ブルボン)
これだけ地植えになっている。
勢力旺盛で遠慮なく多数のシュートをにょきにょきと出してくる。
樹形は半つる性で2mほどに伸びる。
一季咲きだが花数はかなりにぎやかだ。
たくさん咲くのはいいが黒星病、ウドンコ病共に弱い。
このバラの黒星病、ウドンコを防ぎきったら他のバラはもう怖くないと思えるほどだ。
今年はボトキラーで対決している。
08ヴァリエガータディボローニャ01

そういえば去年もこの三本を紹介したような気がするな~、まあいいか。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

うちのロサ・ムンディ・・・縞が入りません。
1年目は入っていたのですが。
きっと枝変わり・・・(笑)
・・・やっぱり先祖返り・・・・のほうが正しいかしら。

でもそれなりにかわいいです。

>うちのロサ・ムンディ・・・縞が入りません。
そんなことがあるんですか?
つまりオフィキナリスになっちゃったということですか?
うちのは大丈夫かな、オフィキナリスはすでにあるのであまりうれしくないですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。