光あふれて

やっと自分の庭に戻った。

早朝からいいお天気の日はそうない。
北国の朝はいまだにちょっと寒いけれど、
よどみのない空気に朝日が差し込むとすべてが鮮烈さを増す。
こんな光を写真に撮りたいものだと常々思っているが、うまく撮れたためしがない。
強い直射日光は反射と影の部分が強くなりすぎてうまくいかないことが多い。

08レッドデビル01
レッド・デビル(HT)

そんなとき逆光にしてみると様相はがらりと変わる。
花色というより花を通り抜けた光が花に輝きを与えてくれる。
背景は時として光模様として被写体を演出してくれる。

08デルフィニウム01
デルフィニウム

横からの光も悪くない。
ピンクの花色が柔らかく浮かび上がる。

08セントセシリア01
セントセシリア(ER)

被写体の花より背景のほうが明るくなってしまった。
それがかえっておもしろい効果を生み出す。

08トラディスカント01
トラディスカント(ER)

花を撮るということはよくするが、花が咲いている光景を撮るということはあまり意識したことがなかった。
朝の光がくれたプレゼントだ。

08イエローダグマーハストラップ01
ゲルベ・ダグマー・ハストラップ(HRg)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。