朝の日差し

しばらく晴れの日が続いている。
なかなか暑くならないな~と思っていたらもう八月。
日差しは暖かいが、なにやら秋風のようなものが吹いている。
朝は陽が昇るまでは寒くて半袖ではいられない。
やがて柔らかな日差しが冷えた空気を暖める。

08日差し01
前にも登場のギボウシ。ベンチの影がまだら模様。

08日差し02
ジギタリス・メルトネンシス。
良くみるジギタリス・パービフローラは初夏で終わってしまうが、まだしつこく咲いているメルトネンシスだ。
花はふんわりとした毛で覆われていてちょっと暑苦しそうだ。
まあ今年の夏ならちょうどよさそうだ。

08日差し03
白花のリアトリス。
去年より株が一段と大きくなってきた。
白い穂が朝の逆光に輝いて見える。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

完成した庭にも悩みはあるんですね、私にはいつそんな日が訪れるのか…なにせ3万坪
それでもなんだか、わかるような気がします
大変とグチってばっかりでも、只今開拓中の私は時々、今こそいちばん幸せなのかもしれなと思うこと度々

植物分類のページから、おじゃましました 
雪解けた春にはまた、園芸熱が再燃しますよ、きっと

こんにちは、雫月=なつきさん
意外なところからのご訪問ですね。

私は庭に完成はないと思っています。
庭は常に変化し続けるものです。

でも3万坪ですか・・・
ちょっと想像がつかないですね。
普通の庭を3万坪に拡大したらとても手入れが出来ませんね。
北海道に山ひとつを庭にしてしまった人がいます。
そこは自然の植物と植え込んだ植物が渾然一体となっていたとても面白いです。
http://potato50.cool.ne.jp/Teien/youshokuen/youshokuen.html

年が明けて日がだんだんと長くなってくるとわくわくしてきますね。
でも北海道のガーデニングシーズンは5月からです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。