バラの実特集~ロサ・ウィルギニアナ

8月15日を過ぎて急に寒くなった。
長袖の服を出しさらに上着を羽織ることになった。
あたたかいシチューを食べ、そろそろ鍋物もいいなと思っていたら
おとといから雨で蒸し暑くなった。
今日は完全にTシャツ短パン、庭でビールと相成った。
どうなってるんだ?
来週からは元に戻るらしい。

さて、バラの実特集はまだ続く。
カロリーナ節の最後はRosa Virginiana
ラテン語として読めば、ロサ・ウィルギニアナ、
英語的に読めばロサ・ヴァージニアナだ。
英語的なほうがなじみが深いかもしれない。
ヴァージニア・ローズという英語名もある。
我が家の原種の中ではカニナと並んで遅く咲く。

08ロサウィルギニアナ11

カロリーナ節のバラは実が丸いのが特徴のようだ。
しょぼい無精ひげも同じだ。
黒っぽい梅干みたいなのは去年の実だ。
いつまでくっついているのか見届けてやろうと思う。

08ロサウィルギニアナ12

花は明るいピンクでよく咲く。
一季咲きだが今年は一輪だけ狂い咲きだ。
葉は小さくて照り葉、秋には紅葉する。
本当は秋の紅葉特集までとっておくつもりだったが、去年の紅葉をご披露する。

08ロサウィルギニアナ13

地植えしたらもっと見事だろうな。
それにこんな住宅地ではなく自然豊かなところに植えてやりたいものだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

potatoさん

こんにちは。
こちらは暑いです。ムシムシしてます。

ロサ・ヴァージニア・・・実は、以前potatoさんが紹介されていて
購入しました。
ブッシュの形といい、丸いヒップ、そして紅葉の綺麗さで魅了されました。
地植えではありません。13号ほどの鉢にまだ20cmほどのおチビ苗の状態です。
地植えにすると見事ですかね? ゆくゆくは検討します。
いいですね この薔薇も。

kaffe さん、こんばんは
ロサ・ヴァージニアを買われたのですか。
樹形がとても素直で育てやすいバラだと思います。
秋には紅葉してなかなか綺麗です。
鉢で育てる場合、小さめの鉢から段階的に大きくしていくほうがいいかもしれませんよ。
鉢植えは鉢の壁に根が触れることで根が発達するそうです。
大きな鉢の場合は土の湿度管理が難しいかもしれません。
過湿にならないように気をつけてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。