バラ枝チップの作り方

バラ枝チップに興味を持ってくれた方がいたので作り方をやります。
まずはバラ枝をチップ状にしなくてはなりません。
それにはガーデンシュレッダー(粉砕機)が必要です。
私は最初の年ハサミでちょきちょきやりました・・・やめたほうがいいです。
これが私に使っているシュレッダーです。
直径4cmの生木でもバリバリとつぶすように切ります。
バラ枝チップ07

私の場合秋と春に剪定します。
これが秋の分をゴミ袋に入れて置いてあったものです。
このチップに発酵促進剤を混ぜながらコンポストに入れてゆきます。
バラ枝チップ01

これが自家製発酵促進剤です。
大半が米ぬかです。これにコーヒーかすと生ごみの堆肥化促進剤を混ぜます。
コーヒーかすはなくてもかまわないと思います。
バラ枝チップ02

ちょっと宣伝になりますが、下が私の使っている堆肥化促進剤です。
これを作ったところは緑化工事の会社です。
社長が私の歌仲間で20年一緒にカルテットをやっていました。
私はこの生ごみアップが最初に出来たときから使っていますが、どこのものより優れていると思います。
ここで↓買うことが出来ます。(宣伝しちゃった)
http://www.rakuten.co.jp/greentex/
生ごみアップ

さて、混ぜ合わせるとこのようになります。
バラ枝チップ03

そのわずか1週間後です。
白カビ(放線菌)がいっぱいです。放線菌は黒点病菌を破壊します。
その他光合成菌や乳酸菌などが働いてちょっと酸っぱいにおいがします。
バラ枝チップ04

それから1年後、このようになりました。
少し量が減ったようです。
バラ枝チップ05

バラ枝チップ完成です。
私はこの中に黒点の葉っぱなども入れていますが、まったく問題ありません。
バラ枝チップ06

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こりゃ〜ためになります。
選定の後の枝をどうしょうか、といつもなやんでいました。大抵は枯れ草と一緒、とか焼いてもらって灰にしたりしたりしました。
堆肥化促進剤そんなものがあるのですね。便利な世の中ですね。

フクロソウは、無理ですか・・ たしかにゲンノショウコですので根が深いでしょうね。
なにかできそうなものありますか?

庭から取れたものは庭に帰さないとつじつまが合いません。
それにこうすることによって余計な堆肥などを使わずに済みます。
堆肥化促進剤はいろんなところから出ていますよ。
EM菌などとも言われています。
家庭の生ごみや庭で切り取った植物や種のない雑草などもこれで処理ししています。

フウロソウの大半は一季咲きです。
それよりも咲き続ける一年草を植えるか、葉を楽しむたぐいのものを入れるのがいいのじゃないでしょうか。
ビオラやアリッサムあるいはアイビーやコリウス、バコパなど足元を飾るものはたくさんあると思いますよ。
見苦しくなったら抜いてしまえばいいのです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。