ナットウ菌の成果は?

5月18日に細菌兵器のタイトルである薬を紹介した。
その名はボトキラーとスピノエース
その画期的な仕組みは紹介したとおりだが、使って何ぼの世界のこと。
その結果をお知らせするのを忘れていた。
しっかりしたデータを取っていたわけではないので、今年一年使ってみた印象を紹介するという程度のことにしたい。
今年はボトキラーとスピノエースのみで他の薬は使っていない。

ボトキラー
納豆菌由来の殺菌剤だが、実態は予防薬だ。
その成果はかなり有効だったように思う。
ウドンコ病はバロン・ジロー・ド・ランのように特にウドンコに弱い品種でもほとんど発生することが無かった。
使ってみてはっきり効果のわかるところがすごいと思わせる。
最も問題の黒点病にもはっきりとした予防効果があった。
使い始めた5月から7月はほぼ黒点の発生がなかった。
一部に黒点を認めたがそれ以上広がることはなかった。
8月の半ば頃から家庭の事情もあり3週くらい散布できない期間があると、とたんに広がり始めて9月には黒点に弱い品種にいきわたった。
秋に葉っぱをむしる手間が省けるかとそのまま放置した。
今年は全体的に雨が少なかったのも幸いしたかもしれない。

この薬は臭いほとんど無いので周囲への気遣いも少なくてすむ。
ただ使う量が多いので意外と早くなくなってしまう。(1g/L)
一番大きな欠点は葉に白い跡が残ってしまうことと、砂糖水が乾いた後のようなべたつきが残ることもある。
どちらも照り葉で目立つ。

スピノエース
殺虫剤と呼ばれる科学農薬はもうかなり長く使っていない。
最近は植物保護剤と呼ばれる生薬系の薬を中心に使っていた。
それでも今までは大きな被害なしにきたので他の薬剤に関してあまり興味なしにきたところもある。
土壌放線菌から生まれたこの薬は、従来の殺虫剤とは作用の仕方が異なる上に環境への影響も少ないことから注目されている。

さて使ってみた感想だが効き目に関しては、明かに従来の殺虫剤とは違う感触だ。
従来の殺虫剤は臭いがきついのが普通だが、このスピノエースはまず全く臭いがないし痕跡も残らない。
ボトキラーと混合で使ってきたが、入っていることを忘れるくらい存在感がないのだ。
ボトキラーの痕跡に隠されてしまっているのかもしれない。
今年は虫を殺しているというより虫があまりいないと感じている。
これが今年だけのことなのかどうかは定かではない。

害虫にはもっぱら葉を食べる蝶や蛾の幼虫の他に蜂や甲虫の類がある。
ほとんどの殺虫剤は幼虫用で蜂や甲虫には効かない。
この点はスピノエースも他の殺虫剤と同様だ。

ボトキラー、スピノエース、どちらも全く薬害が出ないのがいい。
安心して使える薬だと思う。

08ボトキラー11
ボトキラーの痕跡。
このように
斑点状に出ることが多い。
ルゴサやガリカのように光沢のない葉では痕跡はは残らない。

08ボトキラー12
こちらは糊状の跡。
さわるとべたべたしている。
葉の美観を損ねることは大きなマイナス点だ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

前から気になっていましたが、俄然期待度高くなってきました。
わが家はベランダのためか、黒点病よりもうどんこ病がひどいです。
また、黒点だと諦めがつきますが(葉が落ちてしまうため)、うどんこの
場合、いつまでも病気になった葉がついていて、かつ他にもうつるので
困り者です。
ということで、ボトキラー、さっそく注文してみました。
噴霧器の調子が悪いのでどうしようかなと思っていますが・・・
バッテリー式(充電式)のものがよさそうですが、高いですね。
potatoさんはどんな噴霧器をお使いですか?

ボトキラーはウドンコにはかなり有効です。
ただ、性状が小麦粉のような微粉末なのでちょっと扱いが悪いかもしれません。
水に溶かすときもグラム単位で量らなければならないので私は精密秤を買いました。
私が持っているのはこれです。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/ai-mshop/a04.html

あと噴霧器ですが、私が使っているのはアイリスオーヤマ IR-5000です。
http://kakaku.filesend.to/item_info/20953985504137.html
電池式が安いと思います。

ボトキラーを使った時の葉の汚れに関しては機能性展着剤を使えば軽減されるということらしいです。
http://www.nichino.co.jp/products/faq/ef/42.html
来年試してみようと思います。
http://chemical.kao.com/jp/products/industry/c01070601.html
一般的な展着剤(ダインなど)とは何が違うんでしょうね。

potatoさん、お返事のお礼が遅くなりまして・・・(^.^;)
いろいろ教えてくださってありがとうございます。
噴霧器、電池タイプが手軽でよさそうですね!
機能性展着剤、これもよさそうですね。でも、園芸店などで購入できるのかなぁ。
ご紹介サイトでサンプルを取り寄せることからはじめましょうかね・・・
いずれにしろ、寒い間に用意すべきものは用意して、万全の体勢で春を迎えたい
ものです。
そちらは寒いでしょうねー ぶるぶる〜

はじめまして。上富良野に住んでいるsantosです。
住んでいる場所も近く、私の好きなバラやゲラニウムの事など
役に立つ事ばかりなのでpotatoさんのHPやブログはいつも楽しく
拝見しています。

ボトキラー私も来年の春から、バラに使ってみようと思い
購入しましたが、potatoさんは希釈倍率何倍で使用していますか?

potatoさん

この記事、私も以前から気になっていて、近くのHCにボトキラーがあったので手に入れてありました。
が、このような状態になるのですね。私のとこでは、さしで気にならないことですが、機能性展着剤なるものがあるのは初めて聞きました。
スカッシュというものは、近くで手に入るようなので早速こちらも手に入れたいと思っています。
良くいく園芸店の方が、「忙しいお宅の奥様が(医者らしい)、バラが好きで育てているが、仕事を終えて自宅でゆっくりバラを眺めるのに、黒点病で葉が落ちてしまっているのが気になる」と相談され、
potatoさんのブログの記事を紹介しました。
今日、こちらも追って報告しなければ!

今年はいろんなことを教えて頂いて本当にありがとうございました。
年末にきて、かなりバタバタしてしまい、バラの手入れもままならぬ状態です。
年内にブログ更新できるかどうか・・・

また、来年もどうぞ宜しくお願いします。

すみごんさん
昨日から大雪になりました。
今までのつけがいっぺんに来た感じです。

ボトキラーに関してはまだまだ不明なことも多いのですが来年も使ってみようと思っています。
機能性展着剤はまだ使ったことがないのですが小さなサイズのものがないかもしれませんね。

santosさん、はじめまして
バラとゲラニウムが好きとは趣味が合いますね。
バラもゲラニウムも新しいものを仕入れています。
来年はなんとかページのリニューアルもかねて更新しようと思っています。

ボトキラーの希釈倍率ですが1000倍が基本です。
上の本文で5g/Lと書きましたが1g/Lの間違いでした。
私が使っている噴霧器が5Lで、いつも5g使用しているので勘違いしてしまいました。
袋に書いてある指示の通りです。

kaffeさん
HCにボトキラーがあるなんてそちらは進んでますね〜。
スカッシュも手に入るのですか?すばらしい!

黒点病に対するボトキラーの効果に関してははまだまだ不明な点も多いので、絶対的な効果を約束できるものではありません。
黒点病には私がやっているバラ枝チップのマルチングもかなりの効果を上げていると思っています。

来年もよろしくお付き合いください。

potatoさんさっそく教えて下さりありがとうございます。
表示の通り1000倍で来春使ってみます。

私は、バラはERがほとんどです。あとつるバラも少し・・・
ゲラニウムはmagnificum、Johnson's Blue、pratense Mrs Kendall Clake、psilostemonなどで、もう少し増やす予定です。
ページのリニューアルも楽しみにしています。

先日まで雪がなかったのに、ここ3日でいつも通りの景色・・・
やっとバラに、雪のふとんをかけてあげる事が出来ました。

santosさん
我が家はERは5本だけですが、他に四季咲きが少ないので夏場以降は助かっています。
こんどは掲示板のほうで写真など見せてください。

今年は雪が積もらなくて心配していましたが、この3日間はちょっと降りすぎですね(^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。