静かに更新中

また、長く中断してしまいました。
雪の下から植物たちが顔を覗かせるまではこんな感じで許してください。

現在、「うちのバラ見る?」を静かに更新中です。
3年間も放置状態だったので今的な表現がずれてきました。
ルゴサを残してほぼ更新しました。
写真はほぼ取り替えました。
文もほとんど書き換えましたがあえてそのままにしたところもあります。
形あるところに写真と短い文を入れ替えるだけで意外と時間がかかるものです。
これからルゴサにかかります。

これが終わったら「あんたがたルゴサ」を全面的に改造するつもりです。

フェアリー09

いつも元気なザ・フェアリー
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

拝見しました。
マニングスブラッシュもパルストリスも元気いっぱいで
嬉しいです。
potatoさんのところが気に入ったんですね!
うちにもプリムラがあるんですが、小さい苗だったのでまだ花を見ていません。
今年は見られるといいのですが。
いただいた謎の苗!も、元気に冬を越しました。
四季咲きの薔薇をだいぶ減らしたんですが、その分原種が増えました。
花とは年に一回の出会いですが、それくらいの方が私には合っているようです(^.^;)

いただいたふたつのバラ、昨年はどちらも元気いっぱいでしたよ。
ただ鉢植えは環境の影響を強く受けるので冬越しが一番心配です。
今年は暖冬だったので大丈夫だとは思うのですが、
でもやはり春を迎えてみるまではわからないことなので不安です。

例の謎のバラは何と交配したのか興味があります。
今年も咲いたら詳しい画像をみせてください。

楽しく薔薇の写真を見させていただきました。
写真を見ていると、欲しくなってしまいます。
確かpotatoさんは、ルゴサを鉢で管理されていると以前聞いてから、オールドローズの鉢栽培が気になっています。オールドは地植えで大きく育てないと花が咲かないと思っていたものですから。オメイエンシスが鉢で可愛く咲いているのを見て感動しました。これならもっと薔薇が育てられると喜んでいます。昨年買い集めたルゴサは皆地植えにしています。花がいっぱい見たくて大きく育てたかったのですが、庭がパンクしています。
今年は鉢栽培のオールドをやってみます。
又写真楽しみにしています。

tokiさんごめんなさい、返事が遅れました。
見てくれてありがとうございます。
地植え出来なくなってからは何でも鉢植えにしてしまいました。
でもやっぱり向き不向きはあるようです。
ルゴサもオールドローズも樹形によって鉢向きとそうでないものがあります。
やはり大きくなるもの長く伸びるものは鉢向きではないような気がします。
根詰まりが起きやすいことと水枯れしやすいので、私のように夕方まで家に帰れない場合は大変です。

ポテトさん。はじめまして〜。
スリーピーと申します。
ポテトさんのお名前はいくつかのブログで拝見したことあります。
まだガーデニング4年目の初心者ですが、ミシガン州でお花を楽しんでいます。
当地はzone5−6の極寒地でそちらと同じような厳しさかな?と思います。
寒地系の花は元気にさいてくれますが、薔薇がうまく育たず、春になると拳骨剪定になったり枯死したりで。。
薔薇のページを拝見して、セントセシリアやシンベリンがたくさん咲いてるのを見て感心しました。
うちの数少ないつる薔薇のピエール・ロンサールは3年目で枯死せずに冬越ししてますが、鉢植えのせいか全然大きくならず、つる薔薇の役割を果たしてくれていません。暖地のように豪勢に咲かせるのは無理そうだけど少しでも立派に咲かすことができたら。。
ゲラニウムは6種類ほど育てていますが、花期が長くてなかなか魅力的ですね!
長々と書いてしまいましたが、寒冷地でのガーデニングの参考にさせてもらいたいのでちょくちょく越させて頂きますね〜。

スリーピーさん、はじめまして。
アメリカにお住まいなのですね。
ミシガン州というと5大湖のところですね。
zone5-6というと旭川とほぼ同じです。
雪は多いのでしょうか?

ブログ拝見しました。
もうクロッカスやスノードロップが咲いているのですか。
こちらよりは少し春が早いようですね。
でも咲いている植物がこちらと気候が似ていることを証明しているようです。
ゲラニウムはわたしも大好きで35種以上育てています。

さてバラですが私もなかなか苦労しています。
写真はいいとこ撮りですからあまりあてになりません。
私も何度も枝を失ったり死んだりしました。

寒冷地でのバラ栽培はやはり寒さに強いものを選ぶことが大事だと思います。
ERやHTなどはzone6程度のものが多くなかなか微妙です。
札幌でOKなものでも旭川ではダメだったり、その年の寒さによっても冬越しの結果が違います。
でもしっかり根付けば比較的大丈夫なようです。
最初の3年が重要です。

ピエールは私も育てていましたがなかなかつるバラとしての体をなさず、5年目くらいでアウトになりました。
枝が太くて硬いので曲げて地面に這わすのが難しく緩衝材のぷちぷちシートで覆っても見ましたが手間が大変でした。
鉢植えは場所さえ確保できれば雪の下にできますが、大きく育てるのは難しいでしょうね。

花が咲く頃になったら写真を持って掲示板のほうにもぜひお越しください。
http://potato.1616bbs.com/bbs/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。