やっぱり一番は

今年最初のバラが咲きました。
今年も一番咲きはロサ・スピノシッシマでした。
まずスピノシッシマが29日に咲き、今日30日にロサ・セリケア・プテラカンタが開花しました。
他にも蕾が次々と上がっているので今年は6月の前半でかなりのバラが咲き出しそうです。
ちなみに2007年と2008年のスピノシッシマの開花日は5月31日でした。

09スピノシッシマ01
Rosa spinosissima
例年だとうっすらピンク色を帯びることもあるのですが今年は白です。
あと3、4日で満開になりそうです。

09スピノシッシマ02
こういう原種は、鉢植えのままだとやはり窮屈な感じがします。

09プテラカンタ01
Rosa sericea pteracantha
ちょっと見上のスピノシッシマと変わらないように見えます。
でもよく見ると花びらが4枚です。
蕾の形もそっくりですよね。

さて次は何が咲くのかな。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おめでとうございます♪

一番花。
と知ると〜どうしても、
おめでとうございます♪
と、思ってしまいます。
お花も葉っぱも本当にかわいいです。
鉢植えだと・・・窮屈・・・
私にも、いたい言葉ですが〜
でも、健気さに心を打たれてしまいます
次も楽しみにさせてくださいませ^^

はらさん
お祝いの言葉をありがとうございます。
これから原種や早咲きのバラからぽちぽちと咲き始めます。
順次紹介していきますね。

探していました

奇遇です。
うちの謎の台木があるのですが、つい2日前開いたのがロサ・スピノシッシマに良く似たピンクの花でした。
輸入大苗の台木なのですが、葉がノイバラと違い、伸びる枝の先のほうがシナモン色だったので、気になって伸ばしっぱなしにしていたのです。
3年以上ゾウムシとの戦いに敗れ、花を見ずに終わっていたので今年が初対面なのですが名前がわからないので困っていました。
potatoさんのおかげで見当がつきそうです。
他の原種も楽しみに待っています。

はるにれさん
私も輸入物の台木をいくつか育てています。
ロサ・ラクサを探すためです。
日本ではほとんどがノイバラですが、外国ではさまざまなバラが台木に使われています。
ロサ・カニナ、ロサ・ラクサ、ロサ・オドラータなどです。
ロサ・ルゴサ(ハマナス)が使われることもあります。
スピノシッシマというのはあまり聞かないですね。
もしピンクの花が咲いたとすればロサ・カニナの可能性もありますね。
我が家でロサ・カニナは6月末頃に咲き始めます。
http://potato50.blog93.fc2.com/blog-entry-242.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。