ヒマラヤのコリダとドデカいやつ

わがごちゃ混ぜ野草園では外国種もそれなりにあるのです。
まあ、用はバラとは対照的なものを作ってみたかったのです。
野草を好きになったのは自サイトを作る前、かの有名なモウズイカ氏のサイトに出入りしたことがきっかけとなりました。
氏は植物なら何でも来い(バラ以外)のオールマオティもさることながら、表サイトの裏庭に山野草のサイトも運営していました。
彼の元に集まる人たちは氏のキャラクターに惹きつけられる人が多いようです。
コリダリスに興味を持ったのもその頃でしたが、なかなか手を出すところまでは行きませんでした。

09ヒマラヤエンゴ01
ヒマラヤエンゴサク(Corydalis flexuosa)
これは仙台のブーママさんにいただきました。
私が育てている唯一のコリダリスです。
もう3年になりますが年々株が大きくなってきます。

09ヒマラヤエンゴ02
Corydalis flexuosaは中国の中南部の原産です。標高1300~4300メートルの岩礫地に生え、高さは30~50センチになります。細い地下茎を伸ばして広がります。

09ドデカテオン01
ドデカテオン(Dodecatheon meadia)
タイトルにドデカいと書きましたがせいぜい30cmくらいの高さです。
最初見たときはカタクリに似た変なやつ、というのが印象でした。
それもそのはず和名はカタクリモドキ・・・、日本人の植物学者ってどうして命名のセンスがないのかと思いますね。
原産地の北米から見ればカタクリはドデカテオンモドキということかもしれませんね。

09ドデカテオン02
さてこの植物、カタクリに似てはいるもののその実態は、カタクリはユリ科でドデカテオンはサクラソウ科だそうです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。