植えたのじゃないけれど

植物の種があらぬところにこぼれて生えてきても、それを無下に引き抜くことは出来ないものです。
どうしても都合が悪いところは処理しますが、邪魔にならない場所ならそのままという人も多いのではないでしょうか。
我が家にもそんな場所がいくつかあります。

09こぼれダネ01
ここは物置の横ですが、この手前は駐車スペースです。地面は砂利です。
以前、この物置横は堆肥の袋などを積み上げていました。
別の場所で鉢置き場を作るために地面を削ってその土をここに持ってきたところ、このような事態になりました。
たる型の鉢も植えたのではなく勝手に出てきたのです。
生えているものはキャットミント、ムスクマロウ、オダマキ、セラスチューム、ゲラニウム、野草のミツバツチグリなどです。
画面には入っていませんがフランスギクも束になって生えています。

09こぼれダネ02
ここは玄関横。地面は砂利です。
ここのあるのは野良化したイチゴ、ムスクマロウ、赤い葉っぱはペンステモン・ハスカーレッドです。
画面の左側にわずかに写っている葉はモウズイカです。

09こぼれダネ03
さてここは灯油タンクの下です。セラスチュームが覆っています。
灯油タンク自体はコンクリートの上に立っているわけですが、その脇は砂利になっています。
タンクの手前はもともと砂利でしたが、そこに土を足してシバザクラやセラスチュームを植えていました。
しかし、鉢置き場を作るためにここの土を削り物置のほうに持って行きました。
わずかに残ったセラスチュームが砂利のほうに勢力を伸ばしたというわけです。
タンクの裏側や画面のの左側にはキャットミント、ダイアーズカモミール、ムスクマロウ、ジギタリスなどが出てきています。

いずれも繁殖力が旺盛な植物ばかりです。
不思議なことに自分が作った庭より良かったりすることがあって、自分自身にがっかりすることがあります。
このランダムさを計算で出来たらもっと庭造りがうまくなれるような気がします。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。