ルゴサ咲きそろい

我が家のルゴサたち、
早いものは10日前から咲いていましたが、ここに来て一部を除いて咲きそろいました。
まだ一分咲きから三分咲きといったところです。
今年は例年より早く咲くと思われましたが、6月に入ってからの低温と雨で例年並になりました。
今日から数日、ルゴサオンパレードで行きたいと思います。

09フラウダグマーハストラップ02
フラウ・ダグマー・ハストラップ[Frau Dagmar Hastrup] 
ルゴサ・アルバと並んで最も早く咲き始めました。
花持ちはいまいちですが次々と咲いています。

09ヘンリーハドソン03
ヘンリー・ハドソン[Henry Hudson]
非常に花付きのいいバラです。
赤い先端の蕾もなかなかいい。

09サラヴァンフリート01
サラ・ヴァン・フリート[Sarah Van Fleet] 
バラクキバチにかなりやられましたが、去年並みには咲きそうです。
ダマスク系の香りです。

09パウリー01
パウリー[Paulii]
つる性のルゴサです。
本来、地植えにしてあげるべきなのですが窮屈な鉢で頑張っています。
今年は新しい枝が出てくれるかどうかやや心配です。

09ピンクグルーテンドルスト01
ピンク・グルーテンドルスト[Pink Grootendorst]
うちでは古いほうのルゴサです。
今年はちょっとしょぼいか。

09ロサグラウカ02
ロサ・グラウカ[Rosa glauca]
もちろんルゴサじゃございません。
もっと暖かければいっきに咲くのですが、花数は大分増えました。

昨日は梅雨の晴れ間のようでしたが、今日は雨です。
週末といえばほとんど雨が続いています。
明日も雨予想です。なんともはや。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

何度みても、potatoさんちのグラウカは見事ですね。
ルゴサたちも次々と開花して、しばらくは幸せな時間が続きそうですね。
パウリーは、京成バラ園で見ましたが、あれ、這いますよね。
鉢ではけっこうたいへんなんじゃないですか?
ヘンリー・ハドソンも見事ですね。鉢植えでも、このようにゆったりした
場所に置いてあげられればなぁと溜息ついたところです。

ところで、ハイブリッド・ルゴサのリストに「Polar Ice」というのが
ありますよね。オークションを見ていたら、ラトビア生まれのルゴサで
「リタウマ」というのがありました。
調べてみたら、Polar Iceと同じかなと思われます。
フランスに紹介されたのは2004年ですが、作出されたのは1963年のようです。
こちら↓
http://www.helpmefind.com/rose/pl.php?n=40195

これからやっとバラ本番の季節です。
写真の枚数がかさみます。
パウリーですが地植えだとかなり巨大なつるですが、鉢植えのほうがコンパクトに留まるので扱いがいいかもしれません。
とはいっても3mくらいは伸びてます。
今年は花が終わったら鉢を大きくしたほうがいいかもしれません。

>フランスに紹介されたのは2004年ですが、作出されたのは1963年のようです。
そのようですね。ご指摘ありがとうございます。
このサイトは必ずチェックしていたはずなのですが・・・早速訂正します。

どのバラも咲き始めてワクワクしていらっしゃる時でしょうね。
フラウ・ダグマー・ハストラップは初めて我が庭で咲いた時の嬉しかったことを思い出しました。
ヘンリー・ハドソンは蕾の色もお花もとってもいいですね。
先日手にした苗の来年の開花が楽しみです。

明後日からそちら方面の旅行ですので一番良い時期かなと思い大変楽しみにしているところです。
2日目が彼の憧れのファーム散策になりますので一番の楽しみです。

potatoさんのルゴサのたくさん咲いている素敵なお庭を写真から想像いたします。







sakuraさん
明後日にはいらっしゃるのですね。
6月に入ってずっと天候不順なのでちょっと心配です。
今はいい時期ではあるのですがピークにはちょっと早いかもしれません。
よい旅になるように祈ってます。
旭川で自由時間は取れないのですか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。