暖地のルゴサと北海道のルゴサ

考えてみると我が家で地植えのルゴサはほとんどありません。
ほとんどが鉢植えなので、みなそれなりのコンパクトさで収まってはいます。
植え場所がないことが最も大きな理由ですが、地植えにすると巨大になりはしないかと恐れたことがありました。
最近は、いろんなところでその実態を見てようやく、その品種によっては狭い庭でも植えられるルゴサも数多くあることがわかりました。

北海道ではよくバラの接ぎ目を地面に埋めてしまうことをします。
自根を出させたほうが寒さ対策になるからです。
しかし、ルゴサの場合は自根を出させると、地下を潜ってシュートを出す性質があるので、巨大株になってしまう危険があります。
百合が原公園でそれを見ることが出来ます。
しかし、ルゴサはもともと寒さに強いわけで、北海道でも接ぎ目を地上に出したほうが形が整うのではないかといま考えています。

もうひとつ気がついたことは、ルゴサは暑さに弱いと思っていましたが実はそうではないようです。
確かに鉢植えで気温35度以上は厳しいでしょうが、地植えなら大丈夫なんでしょうね。
花フェスタ記念公園でそれを確認することができました。
岐阜県といえば日本有数の猛暑地帯です。
そこでルゴサたちは見事に見たことのない大きさに育っていました。
日本最北のバラ園、はぼろバラ園でもルゴサは生き生きしていますが、そのサイズは花フェスタ記念公園から比べるとひとまわりもふたまわりも小さく見えます。
環境によってずいぶん違うのだなーと改めて実感しました。

今日のルゴサたちです。
09ハンザ01
ハンザ[Hansa]

09ローゼリーナ01
ローゼリーナ[Roselina]

09FJグルーテンドルスト01
F.J.グルーテンドルスト[F.J.Grootendorst」

09ハマナス01
ロサ・ルゴサ[Rosa Rugosa]
シロハマナスに遅れること10日あまり、ようやく咲きました。

09ロサエグランテリア01
ロサ・エグランテリア[Rosa eglanteria]
もちろんルゴサじゃありません。
ルゴサに紛れてこれから咲く原種も飛び入り参加です。

今日は雨が降ったり晴れたり急に気温が上がったり変な天気でした。
今年初めて園芸店に行ってきました。
そこでブランシュ・カスカードなるバラを一目惚れで買ってきました。
見た目は短い半つる性のポリアンサという感じですが、調べてみたらフロリバンダらしいです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おはようございます

寒さを体験しているせいか、potatoさんのところで咲くバラは、とても花色が冴えている気がします。
ルゴサは暑さに弱いという印象を私も持っていましたが、花フェスタでの様子を聞くと、全くそうではないということになりますね。
うちの近所に、果樹研究所という国の機関があるのですが、そこの農場の中に、ルゴサとそれの近縁種(フェンスの中に囲まれていて遠く、よく見えない)と思われるバラが植えられています。
昨日も通ったのですが、大きなヒップが少し色づき始めていました。
ここのバラも地植えながら見事な大きさで、群生されたその様は、暑さに弱いという印象は全く見られません。
私の住む茨城も、かなり暑くなりますもので。

そうそう 以前、台木の話がでていてちょっと思ったことがあるのですが、うちのERの一つのことなんです。
台木が地下茎を伸ばし、幾度となく離れた場所からシュートを上げるのです。
そんな台木って何なんだろうと思っています。あまり関係ない話で恐縮ですが。

ブランシュ・カスケード!! 名前失念していたバラでした。
こちらで思い出させてもらったとは! ありがとうございます^^

こんにちわ。

ルゴサも、やっぱりいいバラだわ〜と。。。
名前をチェックさせてもらいながら〜拝見しました。
こちらでも、シュートで増えているルゴサをよく見かけます。
色々なのですね。
最後に〜あれ?うちと似てる花・・・・・と。エグランテリアでした。
これからが、開花の本番♪なのですね〜^^
本当に勉強させていただいております。
ありがとうございます!
こちらは、ようやく梅雨らしいジメジメ感です。。。

kaffeさん、こんばんは
北海道の花は、同じ花でも本州で咲くのとは色がぜんぜん違うとよく言われるんですよ〜、とは上野ファームの母上です。
地元の人間はあまり実感があまりないのです。

ルゴサの耐暑性がわかって安心しました。
ルゴサは本州の暑い地域の人たちにも勧めていいものか迷った時期もありましたので。

>台木が地下茎を伸ばし、幾度となく離れた場所からシュートを上げるのです。
原種にはこういうものが多いですね。
鉢植えだと鉢の縁から台木と思われるシュートが出ることが結構あります。
私もそんなのを切り取って育ててみたわけです。
普通カニナはふつう潜りませんが、台木のカニナは出てくるのですね。
台木の役割ですが、それは大事だと思いますよ。
台木がなければほとんどの園芸品種のバラは存在できなかったんじゃないでしょうか。
それにこれだけの人がバラを楽しむことも出来ないと思います。

ブラッシュ・カスケードってふんわりしていていい花ですね、すっかり気に入りました。
今年の冬を越えられるかどうかが焦点です。

はらさん、いつもありがとうございます。
ルゴサもなかなかいいもんでしょう。
タイプも色々ありますので注文に合った選び方も出来ますよ。

北海道も梅雨みたいです。
昨日からは気温も湿度も上がり始めました。

こんばんは。

ハンザの美しさに、驚いています。関東ですのでこんな花は望めないでしょうが、ジャムを作りたさに今年買ってしまいました。いつかこんなに綺麗に咲いてくれると良いな〜〜〜

花びらの美しさに惑わされて、ルゴサが15本にも成ってしまいました。
狭い庭では、小さく育てる知恵を出さなくてと、頭を抱えています。住んでいる所と庭が違うので、ルゴサは大きくなると思い皆、日陰に地植えです。育ちが悪です。

これから原種が咲くんですか、羨ましい。

あわてもので、開いたページが、このページでしたので、今かと思いました。今日見たら1ヶ月も前のブログにコメントをしていました。

tokiさん、こんにちは
ハンザを買ってしまいましたか。
ハンザは確かに大きくなりますよ。
高さは直立性で2m以上にもなりますし、株も太くなります。
私は鉢で育てているのでそんなに大きくはなりません。
ハンザは実の美しさも見どころなのですが、熱い地域では難しいかもしれませんね。

ルゴサがもう15本ですか、それはすごいですね。
>今日見たら1ヶ月も前のブログにコメントをしていました。
ははは、さすがに7月末に原種は咲きません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。