レンズが壊れた?

私が一番多用していたレンズ、EF-S17-85mm F4-5.6 IS USMが壊れました(おそらくレンズだと思う)
それはERR99の表示とともに訪れました。
>撮影できません。
>電源スイッチのOFF→ON、
>またはバッテリーを入れなおして下さい。

いろいろいじってみると35mmあたりをはさんで広角側にするとエラーが出るようです。
標準から望遠側でなんとか撮影していましたがそのうちこちらも不穏な動き。
こちらはAFが全く効かない状況になってしまいました。
フォーカスリングがカタカタ動いて定まりません。
他のレンズをつけてみると全く問題が起きないのでおそらくレンズだろうと思われました。
こりゃアカン、こりゃ修理だろうな~と思いつつ。
庭写真は60mmマクロで代用しておりました。

しかし、広角がないので庭の全景写真が撮れません。
しょうがなく最寄りのカメラ屋にもっていきました。
potato「すいませ~ん、故障のようなんですけど・・・うんぬんしかじか・・・」
すると男性店員がバッテリーとメモリーカードを抜き取り、再度装填してカシャリ。
店員「リセットしてみましたがエラーが出ますので故障ですね、故障はすべてメーカーへ送ることになっています。」
po「それっていくらくらいかかるの」
店員「送って故障の状況を見てから見積もりが送られてきます」
po「そうか、レンズだけでいいのかな・・・ボディも?」
店員「ボディもです」
そうだよな、絶対レンズとは言い切れないよな。
po「う~~~~~、ボディー持ってかれたら撮れないじゃん!出直してくるワン!」
こりゃ、シーズンオフにでも出すしかないな。
ということで持って帰ってきました。
09レンズ02

しかし、どうする・・・・・
上記以外で現在持っているレンズは
キャノン EF-S60mm F2.8 マクロ USM、
キャノン EF100mm F2.8 マクロ USM、
キャノン EF70-300mm F4-5.6 IS USM、
タムロン SP AF11-18mm F/2.8 XR Di II
31~32mmの標準レンズに相当するものがひとつもないのが情けない。
あとは以前フィルカメラで使っていた・・・・・そうだ!肝心なものを忘れていました。
キャノン EF28-70mm F2.8L USM
古いものですが、この赤いラインが目に入らぬか~!という高級レンズを持っていました。
これなら広角とは行かないまでも標準領域はカバーできます。
さっそく装着・・・お、重い!!!
そうだよな~重くて使うのをやめたんだった。
そこで量ってみた。
レンズが880g、ボディが840g、合計1720gなんてことになっちゃいました(^^;
09レンズ01

というわけで当分はこれで頑張ることにします。とほほ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ありゃりゃー 壊れちゃいましたかー
うちのはまだ健在ですが、5Dを入手してからというもの仕事以外では
使っていないので、ヘソまげて壊れないといいけど・・・(^.^;)
常用しているレンズが壊れると困りますよね。
ボディを取り上げられちゃうとなおさら困りますよねぇ。
それにしても、potatoさん、レンズをけっこうお持ちですね。
私は、ほとんど使っていなかったEF-S60mmを近く譲ることにしました。
すると手元に残るレンズは4本。EF-S17-85はあまり使わないので、
EF24mmF1.4USM(目に入らぬかー!)と、50mmF1.4EX DG HMS(SIGMA)、
SP AF90mmF2.8(TAMRON)の3本で勝負です(^.^;)
あと1〜2本くらいレンズが欲しいような気がしますが、今のところこれらで
充分間に合っているので今年は買う予定なしです。

ズームの便利さに負けてずっと使ってましたが、単焦点を使い始めたらズームは使えなくなるのでしょうね。
すみごんさんの写真を見ていると単焦点レンズの味わいのようなものが伝わりますね。
でも、どちらで撮っても腕なんだろうな。

レンズは持ってますがマクロ以外は各距離をカバーしたズームばかりです。
本当なら標準相当の単焦点を持ちたいのですが、EF-Sレンズにはマクロ以外単焦点レンズがありません。
そのあたりに該当する35mmを持ってみようかなという誘惑もあります。
それとももっと楽してEFーS18-200なんてのも楽そうだな。
い、いかん!このへんでやめておきます。

なんだか全国的にゲリラ豪雨?
今日はこちらも、けっこうな降りです。

ボディとレンズで1720グラムっていうのは、ちょっときついですね。
手持ちのレンズで一番思いのが24mmですが、それでもボディと合わせて
1500グラムくらいかな。ここいらが私の限度のような気がしています。
撮っている時はまだいいんですが、その後が・・・・(^.^;)

ところで、potatoさんはEF-Sレンズに何かこだわりのようなものを
お持ちですか?
レンズのことはほとんど知らないので、機種を選ばないEFレンズの方が
便利であると思っていたんですが、明らかな違いはあるのでしょうか。

話は変わり・・・ローズ・フォトコレクション拝見しました。
花フェスタのノルマリス、雌しべが赤いタイプですね。
最近気付いたんですが、雌しべが赤いのと黄色いのがあって、うちのは
後者です。葉も違うようです。

ハトヤバラ、リンクされていないようですー
写真魅せてくださーい!

すみごんさん
>EF-Sレンズに何かこだわりのようなものをお持ちですか?
私もいつか5Dと思っているので、できればEF-Sは避けたいですね。
もともと私はフィルムカメラ時代のレンズで撮影していました。
EF-Sのズームを買ったのは28-70mmが重いこともありましたが、カメラが変わって広角が効かなくなったことがあります。
庭の一角に立って庭全景の写真も撮っていたのですが28-70では入りきらなくなったのです。
EF-S17-85は単に28-70mmの代わりという位置づけです。

私もレンズに詳しいというわけではないです。
だから何でも試したくなる衝動を抑えるのに必死です(笑)
ズームを使うならEF-Sは便利でしょうが、単焦点を使うのなら全く関係ないんじゃないでしょうか。
EF-Sに単焦点がないのはそういうことだと思います。

>ハトヤバラ、リンクされていないようですー
教えていただいてありがとうございます。
今夜にでもなおします。

なるほど、なるほど。
将来を見越して買うなら、やっぱりEFレンズですよね。
私の単焦点好きは、フィルムカメラで単焦点ばかり使っていたことと
無関係ではないでしょうね。
なんとなくしっくりくる、というのも、そのせいかと。
でも、たまにズームが欲しくなることもあるんです。
とりあえず16-35mmなんて面白そうだなと思います。
が、お高いわ(^.^;)

ハトヤバラ、最近見直した薔薇です。きれいだなぁと思います。

撮影が上達したければ単焦点で撮れということかな。
私の場合、広いガーデンに行くと距離のある被写体を寄せて撮りたいことがあって、どうしても望遠のズームが便利なのです。
ズームを使い慣れると単焦点はどういった場面で使ったらいいのかあまりよくわからないんですよね。
ズームがないと思えばどんな場面でも使えるということなのか。

ハトヤバラ直しました。
ただ、この写真は苗売り場で撮ったものなのであしからず。

ズームは確かに便利ですよね。撮影の幅の広がると思います。
たぶん私が単焦点好きなのは、自分の性分というか、写真に対する
考え方に因っていると思います。
ブログには何度か書きましたが、基本的に撮りたいなら対象を引き寄せる
のではなく自分が動く、といったスタンスです。
動いても撮れないものは、この際諦める。撮れる範囲のものに集中する、と
いえば聞こえはいいですが、ある程度制限されないと迷いが出て来るのが
いやなんですね、きっと。
ただ、動かずに対象を引き寄せて撮った場合と、自分が動いて撮った場合とでは
どこか違うように思っています。写真の出来云々ではなく、撮影者の意思のような
ものが感じられるのではないかと。まあ、そんな気がするだけですが(^.^;)

ハトヤバラ、売店のものですか。でも、きれいですね。
ナニワイバラの仲間は、どこか潔い感じがして好感が持てます。

自分が動くというのは、父の言葉を思い出します。
もっとも父の時代はズームなどという気の効いたものはなかったこともあるでしょうけどね。
私も庭を始めた頃はcanon AE-1と50mmでなんでも撮ってました。

外に出て花を撮影するようになると、庭園の中に入ったり、山道から外れて撮影できればいいのですが、こういう場合100mmか180mmのマクロが欲しい。
こんどは風景を撮ろうとすると標準からやや広角が欲しくなる。
やっぱりズームが便利となってしまいます。
要するに欲張りすぎなんですね。

単焦点とズームの違いは俳句と散文みたいなところがあるかもしれません。
ある制約の中で表現することで緊張感が生まれるのでしょうかね。
すみごんさんの写真群を見ているとそう感じます。
私は散文にもなってないですけどね。散漫?(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。