ジギタリス・ミルク・チョコレート

ここ数、日個人的なことで忙しくてブログが書けませんでした。
いえね、どちらかといえば楽しいことだったのです。

さて、今日から少しバラを離れてわが庭の植物を紹介します。
おいしそうなタイトルで始まりましたが、今日はジギタリスです。
何年か前に百合が原公園に行ったときにチョコレート色のジギタリスを見ました。
すらっと直立して精悍な感じで、かっこいいなーと思ったのでした。
調べてみるとそれはジギタリス・パービフローラ(Digitalis parviflora.)らしいということがわかりました。
さて、それから園芸店やネットやなどで苗や種を探してみましたがなかなか見つかりません。

そんな時、ネットで知り合ったブーママが園芸店で見つけて送ってくれたのが2006年の冬でした。
これじゃないかと送ってくれた苗には、コンパクト・ジギタリス・ミルクチョコレートとありました。
なるほどラベルの写真はまさにパービフローラにそっくりでした。
苗は家の中で保護し、春になって植え込みました。
大きな苗だったのでその年に咲くのかと思っていましたが花穂は上がりませんでした。
冬に弱かったラナータのことを思い出しいろいろ防寒対策をして冬越しした2008年。
やはり花は咲きませんでした。

2008年頃になるとミルクチョコレートの名前はネットに限らずあちらこちらで見かけるようになりました。
私も、市内の園芸店で見つけて3本ゲットしました。
これであわせて5本です。
そして2009年、6月頃からなにやらもっこりと盛り上がってきて、咲きましたよ~~~!
まず、ブーママのが先に咲きました。

09ミルクチョコレート01
なかなかいい色でしょう。
出来ればもっと林立させたいものです。
バラとの調和は???どうかな?

09ミルクチョコレート02
こちらは私が去年ゲットしたほうです。
遅れましたが株立ちは良いようです。
おそらく種が採れると思うので今後の心配はありません。

庭だよりでも書きましたがミルクチョコレートだからといって、これは食べちゃいけません。
ジギタリスは毒草です。
ところでこのミルクチョコレートという名前は日本で勝手につけた名前かと思っていましたが、そうではないようです。
イギリスのサイトなどでもDigitalis parviflora 'Milk Chocolate'として売られているのを見ることが出来ます。
きっとこれはDigitalis parvifloraの園芸種ということなんでしょう。
でもネットで見る限りその違いはどこなのかよくわからないでいます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ミルクチョコレートは、こんな風に咲くのですね。
我が家のは、一昨年に盗難に会い、去年は枯れてしまって一度も花を見ることが出来ませんでした。

kaffeさんもこのジギタリスを植えていたのですね。
縁がない花ってありますよね。
ジギタリスは夏には弱いかもしれませんね。

今年種がたくさん採れたらわんさか苗を作りますよ。
そうしたら、いくらでもさしあげまっせ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。