旭岳、姿見付近の植物

7月12日(日)、昨年秋に引き続き旭岳に行ってまいりました。
冬直前の旭岳は色もなく荒れた白い木肌と岩の色ばかりでした。
今度の目的ははもちろん高山植物たちです。
大雪山は日本で一番面積の広い国立公園です。
植生も豊かで固有種も数多くあります。

私が歩くのは前回と同じで姿見の池までの約一時間のコースです。
そんなに険しくはありません。
そんなわけで植物の種類も限られますがそれでも今日だけで紹介しきれるものではありません。
それでは出発!

09旭岳01
さすがに緑がいっぱいです。
山は雲がかかって見えません。

09旭岳02
まだいたるところに雪渓があります。
まだ雪が融けたばかりのところやすでに花が咲き乱れているところなど、場所によって植物の成長に時差があるようです。

09エゾノツガザクラ01
エゾノツガザクラ
山に入って一番目だったのはこれでした。

09エゾノツガザクラ03
色の濃さもさまざまです。

09アオノツガザクラ01
この白いのはアオノツガザクラというそうです。

09エゾノツガザクラ04
いたるところがこんな具合です。

09キバナシャクナゲ01
キバナシャクナゲ

09メアカンキンバイ01
メアカンキンバイ
似た花でミヤマキンバイもあるそうです。

09チングルマ01
そしてチングルマ

09チングルマ02
エゾツガザクラとのコンビはなかなかいいですね。

09旭岳03
これで晴れていたら最高だったのですが、山の天気なので仕方ありません。
写真では見えませんが池の右斜面にも花が咲いてます。
今日はこんなところで明日へ引き継ぎます。

低気圧の接近で、今日は朝から雨でした。
夜になって強い風も吹いています。
今思うと、昨日は幸運だったかもしれません。

今日のブログを見てアレ?と思った方はいますか?
何かが変わっています・・・なんでしょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

はじめまして。
時々来ては拍手クリックだけしてます(^^;)
いつも貴重なお写真やためになるお話で、勉強させてもらっています。
特に6月21日のルゴサの記事はよかったです。
あとHPのほうの「鎮魂のバラ達」は(不謹慎ですが)笑いながら読みました。
うちにも黄花ハマナスというルゴサの仲間がおりますが、関西の直射日光がジリジリとあたる条件のよくない庭で、今のところは元気そうに育ってくれています。

変わったところはどこかクイズの答えですが、ブログタイトルの背景でしょうか?

初コメで長々とすみませんでした。

こんにちわ。

時間が許す限り、見ていたい景色です。
素敵な写真。ありがとうございます^^
可愛いチングルマ。
自然の中の〜その場所で咲いているからこそと思いました。
次回も楽しみにさせてくださいませ^^

ゆきしたさん、はじめまして。
そうでしたか、いつも拍手をありがとうございます。
あのルゴサの記事は私の実感です。
暖地でのルゴサの様子がわかってとても有意義な旅行になりました。
「鎮魂のバラ達」はもうずっと手をつけていないので、やめようかとも思ったのですが、カウンターを見ると意外と上がっていたりするものですからそのままにしています。

さて、クイズというつもりではなかったのですが・・・
ブログタイトルの背景写真ということですね。
確かに7月1日からこの写真になりました。
でも私が言うのは昨日(13日)大きく変わったことがあるのですよ。

これからも何度でも遊びに来てください。

はらさん
いつも来ていただいてありがとうございます。
旭岳の植物まだまだ続きますよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。