旭岳、姿見付近の植物 Ⅲ

姿見コースの一番遠くにあたるところが姿見の池です。
まだ雪が残っていて旭岳を写すことが出来ません。
09姿見の池01

写真は姿見の池の近くにある緊急避難小屋です。
おとぎ話に出てくるような小屋で、なかなかかわいいですよね。
09旭岳06

一休みして、この周辺を歩き回っているとなにやら鳥がいます。
ゆっくりと近づいてファインダーを覗きます。
どうやらキジバトのようです。
09キジバト01
近くをエゾシマリスも走り抜けていきました。
さすがにすばやくて写真に収めることは出来ませんでした。

09ノゴマ01
こんな小鳥も見かけました。
ずいぶん調べてノゴマのメスではないかということがわかりました。

さてここからは帰り道になります。
09旭岳07

帰り道でも新たな植物が見られました。
09ショウジョウバカマ01
ショウジョウバカマ
この植物は特に高山植物というわけではなくて日本全国の田んぼのあぜ道から高地まで比較的湿った場所に生える植物だそうです。
北海道の平地にもあるのかな?

09ミネズオウ01
ミネズオウ
普通は白い花ですが、北海道はこのように赤いものが多いのだそうです。

09ミヤマクロスゲ01
ミヤマクロスゲ
これ、ずいぶん名前を探しました。

09エゾノマルバシモツケ01
エゾノマルバシモツケ
まだ咲く前の状態です。
それにしても一般的なシモツケやシモツケソウなどと比べてずいぶんイメージが違いますね。
花が開けば似ているのでしょうね。

09ミツバオウレン01
ミツバオウレン
ちょっとイチゴに似た3枚の葉っぱです。
これが名前の由来でしょうね。
地味な花です。

09イワミツバ01
イワミツバ
これもなかなか名前がわかりませんでした。
よく似たシラネニンジンやミヤマセンキュウなどがあったからです。
それらと決定的に違うところは葉っぱの形でした。

09イワミツバ02
イワミツバ
よく見ると葉が三つ葉状になっているのがわかります。

09イワミツバ03
ここです。

09ウコンウツギ01
ウコンウツギ
山の中ではひときわ目立っていました。

09ウコンウツギ02
ウコンウツギ
園芸用としても使えそうですね。

09バイケイソウ01
帰り道を歩いていると見覚えのある植物が・・・
これはバイケイソウではないでしょうか。
こんな高地でも生えているんですね。
ひょっとするとコバイケイソウかもしれません。

09旭岳08

これで旭岳の植物はおしまいです。
名前がわからなくて、ここにアップしなかった植物もまだあります。
全体的には少しシーズンが早かったかなとは思いました。
7月末から8月前半がいいかもしれませんね。
季節が変わればさらに咲くものもあるでしょう。
他の山に登ればまた違うものがあるようですね。
また来たいなーと思わせる高山植物トレッキングでした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんにちわ。

旭岳の景色。
本当に、すばらしのですね!
一度でもいいから、実際に見てみたいです。
見たことがあるかも〜という花でも、
まったく違う印象がありました。
やっぱり、自然には適いっこないですね。
高山植物は、本当に愛おしい種類が沢山ですね。
見せていただいて、ありがとうございます。

梅雨明けしてから、急に暑くなり。。。
雪を見ると、本当に涼しく、ホッと〜感じます。
勝手な話なのですが。。。
雪が積もって、何日も解けない。。。そんな寒さが懐かしいです。。。。。

はらさん、ありがとうございます。
山野草はやっぱり自然の中にあって輝いていますね。
実を言うと高山植物を撮りに山へ行ったのは初めてだったのです。
また行きたくなりました。

これから猛暑の始まりですね。
今日の旭川は半袖では寒いくらいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。